クラブW杯、中国企業が冠スポンサーに決定「日本企業は五輪を見据えている」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

クラブW杯、中国企業が冠スポンサーに決定「日本企業は五輪を見据えている」

12月9日に国際サッカー連盟(FIFA)は、10日から日本で開催されるクラブ世界一決定戦、クラブワールドカップ(W杯)の冠スポンサーに中国企業アリババグループの自動車ブランド「アリババEオート」がつくと発表した。

スポーツ 短信
お金 イメージ
  • お金 イメージ
12月9日に国際サッカー連盟(FIFA)は、10日から日本で開催されるクラブ世界一決定戦、クラブワールドカップ(W杯)の冠スポンサーに中国企業アリババグループの自動車ブランド「アリババEオート」がつくと発表した。

長く冠スポンサーを務めてきたトヨタ自動車が前回大会で撤退し、代わって今回から2022年までの8大会はアリババグループがスポンサーになる。東京都内で会見を行ったFIFAのバイル・マーケティング部長は、「トヨタの代わりになるスポンサーを日本のマーケットで探していた。しかし、みなさんも想像できると思うが、日本の企業の多くはまず五輪を見据えている」と今回の決定について説明した。

FIFAは汚職問題で幹部が逮捕されたほか、ゼップ・ブラッター会長も暫定的な職務停止状態にある。イメージがいいとは言えず、スポンサー探しは難航した。

「難しくなかったと言えば嘘になる。この状況と環境の中でFIFAブランドを売ることは、ご想像のとおり簡単ではなかった。現実的にこの状態は再建案が理事会で承認され、2月26日に次期会長が選出されるまで変わらない。しかしFIFAブランドはまだ健在で、W杯やクラブW杯といった主要大会は、まだ多くの企業にとって魅力的であると確信している」

クラブW杯は12月10日、サンフレッチェ広島対オークランド・シティの一戦で開幕する。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top