東京オリンピック、セコムとALSOKの両社がスポンサー契約を締結 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

東京オリンピック、セコムとALSOKの両社がスポンサー契約を締結

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は20日、セコム及び綜合警備保障(ALSOK)と「東京2020オフィシャルパートナー(セキュリティサービス&プランニング)」スポンサーシップを締結したことを発表した。

新着 ビジネス
両社とも過去に国内で開催されたオリンピックでの警備業務や、選手の輩出をしており、一業種一社が原則のスポンサー契約の中で異例の同業二社との契約となった(画像はプレスリリースより)
  • 両社とも過去に国内で開催されたオリンピックでの警備業務や、選手の輩出をしており、一業種一社が原則のスポンサー契約の中で異例の同業二社との契約となった(画像はプレスリリースより)
  • 左から、JOC会長の竹田恆和氏、セコム代表取締役社長の伊藤博氏、組織委員会会長の森喜朗氏、綜合警備保障代表取締役社長の青山幸恭氏、JPC会長の鳥原光憲氏(画像はプレスリリースより)
 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は20日、セコム及び綜合警備保障(ALSOK)と「東京2020オフィシャルパートナー(セキュリティサービス&プランニング)」スポンサーシップを締結したことを発表した。

 東京2020スポンサーシップ契約は、通常一業種一社を原則としているが、今回の契約である「セキュリティサービス&プランニング」カテゴリに関しては、IOCと協議のうえ、特例として2社共存という形となっている。

 オリンピックスポンサープログラムは最上位のIOCオリンピックパートナーを筆頭に、国内向けの東京2020ゴールドパートナー、東京2020オフィシャルパートナー、東京2020オフィシャルサポーターの4階層となっている。

 今回の契約は国内向けとして2番目に位置するオフィシャルパートナー契約となり、2020年末までオリンピック関連のマークや素材利用権、関連事業協賛など、スポンサー権利を利用することが可能となる。
《防犯システム取材班@RBBTODAY》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top