2020東京オリンピック、綜合警備保障とセコムの2社が警備…スポンサーシップ契約 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

2020東京オリンピック、綜合警備保障とセコムの2社が警備…スポンサーシップ契約

イベント スポーツ
綜合警備保障とセコムの東京2020スポンサーシップ契約発表会(2015年10月20日)
  • 綜合警備保障とセコムの東京2020スポンサーシップ契約発表会(2015年10月20日)
  • 綜合警備保障とセコムの東京2020スポンサーシップ契約発表会(2015年10月20日)
  • 綜合警備保障とセコムの東京2020スポンサーシップ契約発表会(2015年10月20日)
  • 綜合警備保障とセコムの東京2020スポンサーシップ契約発表会(2015年10月20日)
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は10月20日、セコムおよび綜合警備保障とのスポンサーシップ契約を締結。東京都内で調印式などが行われた。

両者と組織委員会が締結する契約カテゴリーは「セキュリティーサービス&プランニング」だ。東京2020スポンサーシップは「一業種一社」を原則とするなか、このカテゴリーにおいては国際オリンピック委員会(IOC)と協議し、特例で2社の共存となった。

綜合警備保障の青山幸恭社長は、「ALSOKは今年、創業50周年。創業者が1964年東京五輪の運営に深くかかわったこともあり、2020年大会も、日本らしい新しい警備保障を目指し、世界一安全な国、日本の実現を目指す」と語った。

セコムの伊藤博社長は、「1962年、日本最初の警備会社として創業し、その2年後に、東京五輪で民間警備会社として、代々木選手村の警備などを担当した。のちに1972年の札幌五輪、その後の1998年の長野五輪と警備を担当した。2020年は進化したセコムで、総力をあげてプランニングに基づく警備を務めていきたい」と話した。

同組織委員会会長の森喜朗氏は、「セコムと綜合警備保障、我が国を代表する民間警備会社がオフィシャルパートナーとなり、たいへん心強い。これでゴールドパートナーが14社、オフィシャルパートナーが7社になった。大会の成功に向けて、もっとも重要な安心安全の確保を目指したい」と抱負を述べた。
《大野雅人》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top