イギリスが79年ぶりデビスカップ制覇…マレーはシングルス全勝の活躍 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

イギリスが79年ぶりデビスカップ制覇…マレーはシングルス全勝の活躍

男子テニスの国別対抗戦デビスカップはイギリスが1936年以来、79年ぶりの優勝を果たし閉幕した。2勝1敗で王手をかけて臨んだ最終日、優勝を決めたのはアンディ・マレーだった。

スポーツ 短信
イギリスが79年ぶりデビスカップ制覇…マレーはシングルス全勝の活躍(c)Getty Images
  • イギリスが79年ぶりデビスカップ制覇…マレーはシングルス全勝の活躍(c)Getty Images
  • テニス イメージ(c)Getty Images
男子テニスの国別対抗戦デビスカップはイギリスが1936年以来、79年ぶりの優勝を果たし閉幕した。2勝1敗で王手をかけて臨んだ最終日、優勝を決めたのはアンディ・マレーだった。

ダビド・ゴフィンとのシングルス。マレーは第1セットを6-3で取ると、接戦になった第2セットも7-5で連取。第3セットはゴフィンも意地を見せたが、終盤に地力の差を見せ6-3で振り切った。最後はネットに出てきたゴフィンの頭上を越す、バックハンドのロブショット。優勝が決まった瞬間、マレーは赤土の上に寝転んで喜びを爆発させた。

今大会のマレーはシングルス8勝、ダブルスでも3勝を挙げ無敗。文句のつけようがない働きで母国に10度目の栄冠をもたらした。

日本は2016年のデビスカップで、マレー率いるイングランドと初戦で戦うことが決まっている。連覇を狙う相手との厳しい戦いが予想される。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top