ブルージェイズ、地区シリーズを突破…22年ぶりのリーグ優勝決定シリーズへ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ブルージェイズ、地区シリーズを突破…22年ぶりのリーグ優勝決定シリーズへ

スポーツ 短信
トロント・ブルージェイズがアメリカン・リーグ地区シリーズを突破(2015年10月14日)
  • トロント・ブルージェイズがアメリカン・リーグ地区シリーズを突破(2015年10月14日)
  • トロント・ブルージェイズがアメリカン・リーグ地区シリーズを突破(2015年10月14日)
MLBは10月14日、アメリカン・リーグ地区シリーズ第5戦が行われた。本拠地で最終戦を迎えたトロント・ブルージェイズは、七回裏にホセ・バティスタの3ラン本塁打で勝ち越し6-3で勝利した。

テキサス・レンジャーズに2点をリードされたブルージェイズ。だが三回裏にバティスタのタイムリー二塁打で1点を返し、六回にはエドウィン・エンカーナシオンが同点のソロ本塁打を放った。

これで波に乗っていけるかと思われたブルージェイズだが、七回表にキャッチャーからピッチャーへの返球が、打席に立っていた秋信守のバットに当たる珍プレーが出る。ボールが転々とする間に三塁ランナーが生還し勝ち越し点を与えてしまった。

こんな形で負けられないブルージェイズは、七回に怒濤の攻めを見せる。レンジャーズの守備に3つ続けてエラーが出て、一死満塁のチャンス。ジョシュ・ドナルドソンが二塁手の頭を越える同点打。さらに一死一、三塁でバティスタが3ラン本塁打を放った。

ブルージェイズがリードを守り抜き、2連敗からの3連勝で22年ぶりのリーグ優勝決定シリーズ行きを決めた。

劇的な勝利で最終戦を飾ったチームに、「信じられない展開、信じられない勝利で興奮が止まらない」「ドナルドソンは間違いなくMVP級の活躍。今日はバティスタもすごかった」「本当に激しい試合展開だった。終わったあとは疲れて立ち上がれなかったよ」などの声が寄せられている。

また、日本のファンからは「ムネリンにワールドチャンピオンの可能性が残ったな」「試合に出てないからいろいろ言われるかもしれないけど、短期決戦で彼のようなモチベーターがいるのは大きいと思う。ただプレーしてる川崎を見たいとは思う」と、川崎宗則のプレーが見たいという声も聞かれた。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top