【津々見友彦の6輪生活】 ビジネスシーンでも使えるドイターのバックパック「スイッチバックII」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【津々見友彦の6輪生活】 ビジネスシーンでも使えるドイターのバックパック「スイッチバックII」

オピニオン コラム
【津々見友彦の6輪生活】 ビジネスシーンでも使えるドイターのバックパック「スイッチバックII」
  • 【津々見友彦の6輪生活】 ビジネスシーンでも使えるドイターのバックパック「スイッチバックII」
  • 【津々見友彦の6輪生活】 ビジネスシーンでも使えるドイターのバックパック「スイッチバックII」
  • 【津々見友彦の6輪生活】 ビジネスシーンでも使えるドイターのバックパック「スイッチバックII」
  • 【津々見友彦の6輪生活】 ビジネスシーンでも使えるドイターのバックパック「スイッチバックII」
  • 【津々見友彦の6輪生活】 ビジネスシーンでも使えるドイターのバックパック「スイッチバックII」
  • 【津々見友彦の6輪生活】 ビジネスシーンでも使えるドイターのバックパック「スイッチバックII」
  • 【津々見友彦の6輪生活】 ビジネスシーンでも使えるドイターのバックパック「スイッチバックII」
  • 【津々見友彦の6輪生活】 ビジネスシーンでも使えるドイターのバックパック「スイッチバックII」
このコラムで5月にドイターのバックパック「レース EXP Air」を紹介したが、今回はドイターのトラベル&ビジネス向けバックパック「スイッチバックII(Switchback II)」だ。

私はほとんどの移動が自転車を利用する。近距離はもちろん、遠方でも時と場合によるが自転車を輪行する。その際は仕事柄、カメラやICレコーダーなどの他にiPadやノートPCを持つことが多い。iPhoneのスペアバッテリーや充電器、ケーブルなども合わせると結構な重さになる。

また取材先が会社訪問、講演会や勉強会などの場合、ド派手でスポーティなバックパックではちょっと気が引ける。私の場合、自転車で移動するため夏はレーサーパンツに半袖ジャージといった自転車乗りのスタイルで出かける。そして訪問先のトイレでビジネススーツ風に早変わり。なのでバックパックも一見、ビジネスバッグ風に見せたいのだ。

■ビジネスシーンでも使えるバックパック

で、ビジネスシーンにも似合う、バイクライドに使えるバックパックを探した。その条件は以下。

1)ビジネスシーンに似合うデザイン(ショルダーベルトは隠せること)
2)3ウェイ方式(背負えて、片手で下げられ、肩ベルトでも使える)
3)軽量
4)リーズナブルな価格

有名ブランドも含め、デザインの良い手頃なサイズのものが沢山あり、サイクリストには嬉しい時代だ。沢山ある中で最終的に私が購入を決めたのがスイッチバックIIだ。すべての私の要求条件にマッチしていた。


ドイター・スイッチバックII

●ドイター・スイッチバックIIのスペック
重量:1150g
容量:16+4L
サイズ:43、30、15 (高さ×幅×奥行) cm
マテリアル:ドイター・マクロライト 420D
価格:1万4000円(税抜き)

デザインはビジネス仕様らしく、比較的カチッとした雰囲気。そして色は黒。ドイターのロゴは控えめに小さく入っているのもいい。片手で下げているとほとんどビジネスユースに見える。派手さはないのだ。

3ウェイタイプで、しかも縦持ちと横持ちができるようにハンドルは2カ所にあるのもいい。肩掛けベルトも取り外し式だ。

そしてバイク用のバックパックスタイルで使用する両肩で背負えるショルダーベルトは完全に隠されている。バックサイドの裏蓋をジッパーで剥がすとショルダーベルトが出てくるのだ。また、この裏蓋は底に収納ポケットがあり、その中に収納できる。とてもスマート。


ショルダーベルトは収納できる

だが、ここまでは他の3ウェイタイプのバッグにも同じような仕様はある。で、ここからが本題。

【ビジネスシーンでも使えるドイターのバックパック「スイッチバックII」 続く】
《津々見友彦》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top