【津々見友彦の6輪生活】シマノのスポーツカメラ・CM-1000を使ってみる「自転車乗りにうれしい記録ツール」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【津々見友彦の6輪生活】シマノのスポーツカメラ・CM-1000を使ってみる「自転車乗りにうれしい記録ツール」

オピニオン コラム

【津々見友彦の6輪生活】シマノのスポーツカメラ・CM-1000を使ってみる
  • 【津々見友彦の6輪生活】シマノのスポーツカメラ・CM-1000を使ってみる
  • 【津々見友彦の6輪生活】シマノのスポーツカメラ・CM-1000を使ってみる
  • 【津々見友彦の6輪生活】シマノのスポーツカメラ・CM-1000を使ってみる
  • 【津々見友彦の6輪生活】シマノのスポーツカメラ・CM-1000を使ってみる
  • 【津々見友彦の6輪生活】シマノのスポーツカメラ・CM-1000を使ってみる
  • 【津々見友彦の6輪生活】シマノのスポーツカメラ・CM-1000を使ってみる
  • 【津々見友彦の6輪生活】シマノのスポーツカメラ・CM-1000を使ってみる
  • 【津々見友彦の6輪生活】シマノのスポーツカメラ・CM-1000を使ってみる
ロングサイクリングの思い出やレースの興奮を撮影し、後から再生して見るのも自転車の楽しみ。その楽しみを手軽に実現してくれるのが、今回取り上げるシマノのスポーツカメラ『CM-1000』だ。

シマノは自転車コンポーネンツの他に釣具を展開しているが、CM-1000は自転車と釣りの両方のユーザーに受け入れられるよう最初から防水仕様(水深10m/2時間)となっている。キット内容はカメラ、マウント一式、USBケーブル、水中用レンズプロテクター、それにユーザーマニュアルなどだ。価格は2万7500円(税抜き)。



今回のテストでは、別途専用のハンドルバー用とサドルレール用のカメラマウントも使用した。コンパクトなボディボディはSONY・HDR-AZ1に近いサイズで、ボリューム的にも似ていてコンパクトだ。外寸は44.2x30.3x70.1mm (レンズプロテクター含む)で、重量はバッテリーおよびレンズプロテクター含んで86gと軽く、持ち運びもしやすい。

スペックも充分だ。イメージセンサーは1/3.8"の裏面照射CMOSセンサーで、画角は180度と135度が選べる。メディアはMicro SD/SDHC class 6以上 (最大32GB) を使用。

【次ページ 豊富なカメラマウント】
《津々見友彦》

編集部おすすめの記事

page top