【自転車ロード】ツアー・オブ・ジャパン2日目は移動日…国内選手がウィラースクールに参加 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【自転車ロード】ツアー・オブ・ジャパン2日目は移動日…国内選手がウィラースクールに参加

スポーツ 短信

ツアー・オブ・ジャパン2日目は移動日…国内選手がウィラースクールに参加
  • ツアー・オブ・ジャパン2日目は移動日…国内選手がウィラースクールに参加
  • ツアー・オブ・ジャパン2日目は移動日…国内選手がウィラースクールに参加
  • ツアー・オブ・ジャパン2日目は移動日…国内選手がウィラースクールに参加
  • ツアー・オブ・ジャパン2日目は移動日…国内選手がウィラースクールに参加
  • ツアー・オブ・ジャパン2日目は移動日…国内選手小学校を訪問
  • ツアー・オブ・ジャパン2日目は移動日…国内選手小学校を訪問
  • ツアー・オブ・ジャパン2日目は移動日…国内選手小学校を訪問
  • ツアー・オブ・ジャパン2日目は移動日…国内選手小学校を訪問
国内最大のステージレース、第18回ツアー・オブ・ジャパンが5月17日に開幕。18日は移動日・休息日となり、選手やスタッフなどレース関係者約300名の一行は大阪府堺市から150km東に離れた三重県いなべ市へ移動した。

この休息日には、いなべ市内の小学校で行われたブラッキー中島さんによるウィラースクールの教室に国内チームが駆けつけた。 また、別の市内小学校には選手が表敬訪問して子どもたちと触れ合った。

阿下喜小学校には、宇都宮ブリッツエンの大久保陣、鈴木譲、阿部嵩之、青柳憲輝が訪問。十代小学校には、宇都宮ブリッツエンの増田成幸、那須ブラーゼンの吉岡直哉、鈴木龍、新城雄大と栗村修大会副ディレクターが訪問。

中里小学校には、宇都宮ブリッツェンの鈴木真理、那須ブラーゼンの佐野淳哉、岩井航太、雨澤毅明と栗村修大会副ディレクターが訪れた。

夕方には国内チームの監督が市内のゴルフ場で催された公式レセプションへ出席。 いなべ市産の食べ物に舌鼓を鳴らした。 来日チームは大阪から三重に選手用バスで移動し、ホテルで休息を取った。

5月19日の第2ステージは、初開催となる新ステージだ。距離は130.7kmで争われる。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top