【自転車ロード】ツアー・オブ・カリフォルニア第7S、アラフィリップが頂上ゴール制覇 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【自転車ロード】ツアー・オブ・カリフォルニア第7S、アラフィリップが頂上ゴール制覇

スポーツ 短信

2015年ツアー・オブ・カリフォルニア第7ステージ、ジュリアン・アラフィリップ(エティックス・クイックステップ)が優勝
  • 2015年ツアー・オブ・カリフォルニア第7ステージ、ジュリアン・アラフィリップ(エティックス・クイックステップ)が優勝
  • 2015年ツアー・オブ・カリフォルニア第7ステージ、ジュリアン・アラフィリップ(エティックス・クイックステップ)が優勝
  • 2015年ツアー・オブ・カリフォルニア第7ステージ、ジュリアン・アラフィリップ(エティックス・クイックステップ)が優勝
アメリカの2015年ツアー・オブ・カリフォルニア、5月16日の第7ステージはオンタリオ~マウント・ボルディ間の128.7km。フランスの若手ジュリアン・アラフィリップ(エティックス・クイックステップ)が頂上ゴールを制し、プロ2勝目を挙げた。

最後の上りに向けてスカイがペースを上げ、人数が絞り込まれる中、セルジオルイス・エナオ(スカイ)がアタック。唯一アラフィリップのみが反応し、お互いに攻撃を仕掛ける。

さらにラスト4.1kmでアラフィリップが加速すると、エナオとの差を開き、最後は23秒差をつけてキャリア最大の勝利を挙げた。3位には同じく23秒差でイアン・ボズウェル(スカイ)が入った。

この結果、アラフィリップはペーター・サガン(ティンコフ・サクソ)に2秒差をつけて総合首位にも浮上した。

アラフィリップは、「エナオはアタックし、ストップし、またアタックし、ストップした。情け容赦なかったね。残り約4kmで僕はアタックした。エナオが戻ってくるとずっと考えていたけど、僕は逃げ切るためにベストを尽くした。ラスト200mでようやくステージ優勝を確信したよ」と喜んでいた。
《》

編集部おすすめの記事

page top