【自転車ロード】ツアー・オブ・カリフォルニア第8S、カベンディッシュが大会4勝目 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【自転車ロード】ツアー・オブ・カリフォルニア第8S、カベンディッシュが大会4勝目

スポーツ 短信

2015年ツアー・オブ・カリフォルニア第8ステージ、マーク・カベンディッシュ(エティックス・クイックステップ)が優勝
  • 2015年ツアー・オブ・カリフォルニア第8ステージ、マーク・カベンディッシュ(エティックス・クイックステップ)が優勝
  • 2015年ツアー・オブ・カリフォルニア第8ステージ、マーク・カベンディッシュ(エティックス・クイックステップ)が優勝
  • 2015年ツアー・オブ・カリフォルニア第8ステージ、マーク・カベンディッシュ(エティックス・クイックステップ)が優勝
  • 2015年ツアー・オブ・カリフォルニア第8ステージ、ジュリアン・アラフィリップ(エティックス・クイックステップ)がベストヤングライダー賞
アメリカの2015年ツアー・オブ・カリフォルニア、5月17日の最終第8ステージはL.A.ライブ~パサデナ/ロウズボウル間の105.2km。イギリスのマーク・カベンディッシュ(エティックス・クイックステップ)が集団スプリントを制し、今大会4勝目を挙げた。

最終日は平坦ステージの争いで、後半は周回コースを7周する。ジュリアン・アラフィリップ(エティックス・クイックステップ)とペーター・サガン(ティンコフ・サクソ)の2秒差の総合争いは、中間スプリントから加熱。

カベンディッシュがアラフィリップのためにトップ通過でボーナスタイム3秒を奪うと、続けてサガンが2位、アラフィリップが3位通過。アラフィリップは辛うじて1秒のリードとなった。

ゴールスプリントもカベンディッシュが完璧なリードアウトから制し、ポイント賞ジャージも守った。2位はワウテル・ウィッパート(ドラパック)、3位は写真判定となったがサガンがタイラー・ファラー(MTNクベカ)を僅差で抑えて3位のボーナスタイム4秒を獲得。この結果、総合優勝は3秒差でサガンのものとなった。

カベンディッシュは、「8ステージ中、僕が4勝、チームが5勝とツアー・オブ・カリフォルニアを力強く締めくくることができて、うれしいよ。ここでの成果には満足だし、ツール・ド・フランスに向けて正しい方向に進んでいると思う」と満足そうに語っていた。
《》

編集部おすすめの記事

page top