【ジロ・デ・イタリア15】チームスカイ、今季絶好調のポートが総合優勝に意欲 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ジロ・デ・イタリア15】チームスカイ、今季絶好調のポートが総合優勝に意欲

スポーツ 短信

【ジロ・デ・イタリア15】チームスカイ、今季絶好調のポートが総合優勝に意欲
  • 【ジロ・デ・イタリア15】チームスカイ、今季絶好調のポートが総合優勝に意欲
  • リッチー・ポート(チームスカイ)
  • バシル・キリエンカ(チームスカイ)
  • ベルンハルト・アイゼル(チームスカイ)
  • サルバトーレ・プッチョ(チームスカイ)
  • エリア・ビビアーニ(チームスカイ)
  • レオポルド・ケーニッヒ(チームスカイ)
  • セバスチャン・エナオ(チームスカイ)
イギリスのチームスカイが、2015年ジロ・デ・イタリア(5月9日~31日)の出場メンバー9人を5月5日に発表。今季ステージレースを3つ制している絶好調のリッチー・ポートがエースを担い、ジロ制覇を目指す。

ポートは今季、パリ~ニース、カタルーニャ一周、ジロ・デル・トレンティーノの3レースで総合優勝、計9勝を挙げ、総合優勝候補のひとりとしてジロに向かう。

昨年は病気で成績も振るわなかったポートだったが、「ジロはシーズン最大の目標だった。冬の間、僕は懸命に努力したし、力強く、健康に、この挑戦に向けて気持ちを高めてレースに入っていけた。戦いはタフだし、グランツールでは何が起こるかわからない。でも、僕にはすばらしいチームメイトがいるし、準備はできてるよ」とやる気を見せている。

30歳のポートは2010年ジロでもマリアローザを着用し、ベストヤングライダー賞を獲得している。

チームメイトは、グランツール17度目の出場となるベテランのベルンハルト・アイゼル、コロンビア人クライマーのセバスチャン・エナオ、ジロでステージ2勝のバシル・キリエンカ、ブエルタとツールで総合トップ10に入った経験を持つレオポルド・ケーニッヒ、2011年ジロでステージ優勝を挙げたミケル・ニエベ、2008年ジロでステージ優勝を挙げたカンスタンティン・シフトソフ、そして地元イタリアのサルバトーレ・プッチョとエリア・ビビアーニの8人だ。

◆2015年ジロ・デ・イタリア チームスカイ出場メンバー
ベルンハルト・アイゼル(オーストリア)
セバスチャン・エナオ(コロンビア)
バシル・キリエンカ(ベラルーシ)
レオポルド・ケーニッヒ(チェコ)
ミケル・ニエベ(スペイン)
リッチー・ポート(オーストラリア)
サルバトーレ・プッチョ(イタリア)
カンスタンティン・シフトソフ(ベラルーシ)
エリア・ビビアーニ(イタリア)
《》

編集部おすすめの記事

page top