【THE REAL】高山薫がゴール裏を目指した理由…湘南ベルマーレをめぐるちょっといい話 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE REAL】高山薫がゴール裏を目指した理由…湘南ベルマーレをめぐるちょっといい話

オピニオン コラム
「ザムスト」の日本シグマックス、湘南ベルマーレとオフィシャルクラブパートナー契約
  • 「ザムスト」の日本シグマックス、湘南ベルマーレとオフィシャルクラブパートナー契約
祝福しようと駆け寄ってきたチームメイトを振り払って、湘南ベルマーレのFW高山薫はピッチの外へ向かってダッシュを開始した。

グングンと加速して距離を縮めた先は、チームカラーのライトグリーンで染まったゴール裏。大勢のサポーターが両手を広げて、歓喜の雄叫びをあげながら背番号『23』を待っている。

ホームにサガン鳥栖を迎えた4月29日のJ1第8節。誰よりも高山本人が待ち焦がれてきたゴールが決まったのは、1対1の膠着状態が続いていた後半19分だった。

「何回かプレーが止まりそうなところで、自分のところにボールがこぼれてきた。あの瞬間はシュートを打つことしか考えていなかった。すぐに切れ込んだんですけど、ボールタッチのところで詰まってしまって。最初のタイミングでは打てなかったけど、ボールをちょっとずつ触りながら、ベストのタイミングを見計らっていたのがよかった。さらに右へ流れていたら、おそらくダメでしたね」

■「何がなんでもゴールを決めてやる」

相手ゴール前に弾んだルーズボールを支配下に置こうと、ラグビーで言うラックのような状態のなかで、両チームの選手たちが激しい肉弾戦を繰り広げる。

主審がファウルを取ってもおかしくない状況で、ベルマーレのFW大槻周平がかかとでボールをかき出す。これを受けた高山は、再び密集地帯のなかへドリブルで突っ込むプレーを選択した。

意表を突かれたサガンの選手たちは反応できない。細かいステップを踏みながら右へ移動していく高山の背中は、執念にも近いオーラを発していた。何がなんでもゴールを決めてやる、と。

右足を振り抜いた後はバランスを崩し、勢いあまって転倒しながら、強烈な弾道がゴール右隅に吸い込まれていく光景を脳裏に焼きつけた。敵地で行われた4月3日のモンテディオ山形戦で、今シーズンの初ゴールをすでに決めている。ならば、何が高山をゴール裏へと疾走させたのか。

「かなり久ぶりにホームで点を取ったので」

高山のこの説明には、ちょっとした補足が必要だ。確かに高山がホームでゴールを決めたのは、2013年5月11日のFC東京戦以来となる。2年近いブランクが生じた理由は、昨シーズンを柏レイソルでプレーしていたからに他ならない。

【次ページ 高山の決断】
《藤江直人》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top