【澤田裕のさいくるくるりん】東海地方のサイクリングには、「ぷらっとこだま」の利用がオススメ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【澤田裕のさいくるくるりん】東海地方のサイクリングには、「ぷらっとこだま」の利用がオススメ

オピニオン コラム
これは、本文に記したものとは別の機会に利用するために購入したもの。静岡からの片道利用ということで、東京支店での受け取りができないため宅送とした
  • これは、本文に記したものとは別の機会に利用するために購入したもの。静岡からの片道利用ということで、東京支店での受け取りができないため宅送とした
  • 特典となるクーポン券はソフトドリンクや缶ビール、酎ハイのほか、150円をプラスすればワインのミニボトルにも引き換えられる
ゴールデンウィークが近づいてきました。昨年は目指す岡山まで東京から自由席車両に乗ったところ、最後まで立ちっぱなしだったと当コラム(2014年5月8日公開)で紹介。今年は同じ轍を踏まないよう、席を予約することにしました。

■お得な「ぷらっとこだま」を利用

参加するクラブ行事の集合場所が三重県の鳥羽ということで、名古屋までの移動は東海道新幹線です。これを指定席とした場合の料金は1万1290円で、所要時間は1時間40分ほど。当日は多少のゆとりがあるため、同じ新幹線でもこだま限定となる「ぷらっとこだま」を利用することにしました。こちらだと2時間50分ほどかかりますが、その代わり料金が9300円と2割(1990円)ほど安くなります。ネットで空席状況を確認したところほとんど埋まっていましたが、グリーン車なら数席の空きが。それでも料金はプラス1000円ということで、お得であることに変わりありません。

ただし、いくつか制約があります。これはぷらっとこだまが切符ではなく、JR東海ツアーズの企画旅行商品であることに起因するもので、購入は利用日の前日までとなり、指定された列車以外は、たとえ自由席であっても乗ることはできません。途中の乗降も不可。予約後の変更も、利用日の10日前以降は手数料がかかります。また、通常の切符であれば東京~名古屋で購入した場合、都区内の駅から東京駅まで、あるいは名古屋駅から名古屋市内の駅までの乗車が可能ですが、ぷらっとこだまはそれぞれ別料金となります。

【東海地方のサイクリングには、「ぷらっとこだま」の利用がオススメ 続く】
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top