【THE ATHLETE】100敗か地区優勝か…ジャイアンツが球団史上に残るスタートダッシュ失敗 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE ATHLETE】100敗か地区優勝か…ジャイアンツが球団史上に残るスタートダッシュ失敗

オピニオン コラム
青木宣親 参考画像(2015年4月15日)
  • 青木宣親 参考画像(2015年4月15日)
  • 青木宣親 参考画像(2015年4月19日)
  • 青木宣親 参考画像(2015年4月19日)
  • 青木宣親 参考画像(2015年4月19日)
  • 青木宣親 参考画像(2015年4月19日)
  • 青木宣親 参考画像(2015年4月15日)
  • 青木宣親 参考画像(2015年4月11日)
  • 青木宣親 参考画像(2015年4月11日)
4月19日に行われたサンフランシスコ・ジャイアンツ対アリゾナ・ダイヤモンドバックス戦、青木宣親外野手は1番・右翼で先発出場し2安打放ったものの、チームは1-5で敗れた。

前日の試合でようやく連敗を8で止めるとともに、今シーズンのホーム初勝利を挙げたジャイアンツ。この試合も勝って連勝といきたいところだったが、初回いきなり先発のティム・ハドソンが2失点。

先制点が重くのし掛かるジャイアンツだが、開幕から好調を維持する青木がライトへの二塁打ですぐさま反撃。青木はジョー・パニックのヒットで三塁に進み、アンヘル・パガンの犠牲フライでホームを踏んだ。一気に同点、逆転したいところだったが、ジャイアンツの攻撃はあとが続かず、結局この回は1点止まり。

するとハドソンが再び三回につかまる。押し出しのデッドボールと適時打で3点を失う。ハドソンは先発の責任として五回までは投げたものの、6安打5失点6奪三振、四死球3の内容だった。

青木は五回に回ってきた第3打席でも2アウトからライトへの三塁打を放つ。


まだ試合は中盤、ここで1点でも返せれば勝負は分からなくなる場面だったが、続くパニックがセカンドライナーに倒れ無得点。両チームその後は投手が踏ん張り、5-1のまま試合は終了した。

【次ページ 開幕から4勝10敗は球団史上5例目】
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top