【トラック世界選手権15】女子スクラッチ、オランダのウィルドが悲願の世界タイトル獲得 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【トラック世界選手権15】女子スクラッチ、オランダのウィルドが悲願の世界タイトル獲得

スポーツ 短信
2015年UCIトラック世界選手権、女子スクラッチはキルステン・ウィルド(オランダ)が優勝
  • 2015年UCIトラック世界選手権、女子スクラッチはキルステン・ウィルド(オランダ)が優勝
2015年UCIトラック世界選手権フランス大会。4日目の2月21日、女子スクラッチでオランダのキルステン・ウィルドが悲願の金メダルを獲得した。

250mトラック40周の10kmで順位を競う女子スクラッチ。32歳のベテラン、ウィルドは最後のスプリントでエイミー・キュア(オーストラリア)を2位、アリソン・ビバリッジ(カナダ)を3位に抑えて世界チャンピオンの証し、マイヨアルカンシェルを獲得した。

ロードレースでも活躍するウィルドだが、これが初の世界選手権優勝で「とてもうれしいです。家族もここに来ていて、一緒に祝福できるので最高です。ロードも含めてこのタイトルは今まで手にしたことがなかったので、本当にすばらしい」と喜びを爆発させた。

そして「ラスト10周までは楽だったけど、ラスト10周は厳しいレースでした。これがオランダにとって初のメダルですけど、最後ではないと思います」と今後のオランダ勢の活躍に期待していた。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top