クロイツィゲルがウソ発見器検査を受ける…ドーピング無罪を主張 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

クロイツィゲルがウソ発見器検査を受ける…ドーピング無罪を主張

スポーツ 短信
ロマン・クロイツィゲル(ティンコフ・サクソ)
  • ロマン・クロイツィゲル(ティンコフ・サクソ)
  • ロマン・クロイツィゲル(ティンコフ・サクソ)
  • ロマン・クロイツィゲル(ティンコフ・サクソ)
  • ロマン・クロイツィゲル(ティンコフ・サクソ)
チェコのトップ選手、ロマン・クロイツィゲル(ティンコフ・サクソ)はバイオロジカルパスポートの数値異常によりドーピング違反を疑われていて、自らの潔白を主張するためにウソ発見器による検査を受けた。

クロイツィゲルは自身の公式サイトを通じ、ウソ発見器の検査を受けたことを1月24日に公開した。クロイツィゲルに投げかけられた質問は、以下の通り。

(1)今までドーピングをしたことあるか?

(2)パフォーマンス向上のために血液ドーピングを行ったか?

(3)EPO(禁止薬物の一種)を使用したことがあるか?

いずれの質問にもクロイツィゲルは「ノー」と答えたが、ウソ発見器でウソは検出されなかった。

この検査は、イギリスとアメリカのウソ発見器協会のメンバーである専門家テリー・マリンスによって、チェコの首都プラハで行われた。マリンスはイギリスの裁判所、軍隊、各国政府などでウソ発見器検査を担当している。

クロイツィゲルは、過去にも自らのバイオロジカルパスポートの記録やUCI(国際自転車競技連合)と交わした文書、専門家の意見などを公開し、自らの無罪をアピールしてきた。

あらためてクロイツィゲルは「僕にとって重要な検査だった。僕は何も隠していないし、汚名をそそぐためにあらゆる努力をするつもりだ」と潔白を訴えた。

今後、クロイツィゲルの事件はCAS(スポーツ仲裁裁判所)での審理を受けることになる。クロイツィゲルは「思い込みや見込みではなく、事実を持って取り組む。論拠は我々の側にある」と裁判に自信を見せている。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top