ボルボ、クラウドを活用した自転車事故防止へ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ボルボ、クラウドを活用した自転車事故防止へ

新着 技術
ボルボカーズの車と自転車の衝突防止システムのイメージ
  • ボルボカーズの車と自転車の衝突防止システムのイメージ
ボルボは、スウェーデンのスポーツギアメーカーPOC、通信会社のエリクソンとともにドライバーとサイ クリストの相互通信を可能とする安全技術を開発、ラスベガスで開催された世界最大級の家電見本市CESで初公開した。

今回ボルボは、このテクノロジーにより達成を目指す目標を発表した。その内容は「クルマと自転車の衝突事故ゼロを目指す」というものだ。

3月2日-5日にバルセロナで開催される予定のMWC(モバイル・ ワールド・コングレス)でもこの技術を公開予定。 システムは車両および車両と相互通信可能な自転車用ヘルメットで構成され、互いの距離が接近するとドライバー、サイクリスト双方に警告が発せられ、衝突の回避を促す。

ボルボによると、車両と自転車の相互通信を利用した安全技術の開発は、自動車メーカーとしては初の試み。 世界の自転車人口は年々増加しており、自転車通勤者も増えつづけている。結果、自転車によ る人身事故も増えており、ボルボとPOCは、協力して対策をとる必要があると考えた。

ボ ルボの新型XC90には、自転車との衝突の可能性を検知しドライバーに警告、必要に応じて自動ブレ ーキをかけ衝突を回避する技術が標準装備されている。この自転車事故回避の取り組みが、今回のヘルメットを 利用した技術コンセプトの下地になっている。

サイクリストの間で普及しているStravaなどのスマートフォンアプリを使用し、ボルボのクラウドを通じて自転車と車両の位置を共有することができる。事故の危険性があると判断 されると、サイクリストとドライバーの双方に警告が発せられ、衝突を未然に防ぐことができる。自転車が、曲がり角や別の車両の陰の死角にいると、ボルボのヘッドアップディスプレイに警告が表示され、ドライバーに接近が知らされる。

サイクリストには、ヘルメットに取り付けられた警告灯とバイブレーシ ョンにより警告が発せられる。

このアイデアは、ボルボと、スポーツ選手や自転車のスポーツギアメーカー大手POC、通信技術・サービス会社エリクソンという、オールスウェーデンの連携から生まれた。

クラウドベースの安全コンセプトは、様々な開発の可能性を秘めている。最終的には、 道路を利用するあらゆる生活者の生命を守るものにつながっていくと、ボルボは予見している。

ボルボの副社長でグループCIOのクラス・ベンドリクは「衝突しないクルマを作るというビジョンの実現に向け、次なる一歩を切り拓いているわが社にとって、POCそしてエリクソンとの連携は重要な試みです。自動車と自転車の間に生じる死角を無くし、衝突を回避するテクノロジー の実用化に向けて、クラウドベースの安全システムについてあらゆる検証を続けていきます」とした。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top