【ツアー・ダウンアンダー15】第2ステージで逃げた新人フレイクモア、ゴール後に落車骨折の不運 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツアー・ダウンアンダー15】第2ステージで逃げた新人フレイクモア、ゴール後に落車骨折の不運

スポーツ 短信
ツアー・ダウンアンダー15、第2ステージ
  • ツアー・ダウンアンダー15、第2ステージ
  • キャンプベル・フレイクモア(BMCレーシング)
2015年ツアー・ダウンアンダー、1月21日の第2ステージで逃げに乗ったBMCレーシングの新人キャンプベル・フレイクモアがゴール後にホテルに戻る途中で落車し、左鎖骨を骨折したとチームから発表された。

アクシデントは、下り坂のコーナーで起こった。

フレイクモアは「僕たちは速いスピードで進んでいた。時速55~60kmぐらいかな。左コーナーの路肩に砂利があって、僕はたぶん少し溝にはまったんだ。次の瞬間には、地面に倒れていた。体を起こした瞬間、肩か鎖骨がおかしいのがわかったよ」とその瞬間を振り返った。

チームドクターのスコット・メジャーは「鎖骨の真ん中がきれいに骨折していた。骨折がよく起こる箇所だ。外科的に固定しやすいところでもある」と説明。フレイクモアは、22日にアデレードで手術を受ける予定である。

フレイクモアは現U23タイムトライアル世界王者で、今季BMCレーシングでプロ入り。この日の第2ステージでは、トーマス・デヘント(ロット・スーダル)、キャメロン・メイヤー(オリカ・グリーンエッジ)とともに先頭集団を形成し、約120kmに渡って逃げ続けた。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top