【全豪オープン15】マッチポイントを撥ねのけ、シャラポワが3回戦進出 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【全豪オープン15】マッチポイントを撥ねのけ、シャラポワが3回戦進出

スポーツ 短信
マリア・シャラポワ(2015年1月21日)(c)Getty Images
  • マリア・シャラポワ(2015年1月21日)(c)Getty Images
  • マリア・シャラポワ(2015年1月21日)(c)Getty Images
  • マリア・シャラポワ(2015年1月21日)(c)Getty Images
全豪オープン女子シングルスの3回戦、21日に行われた第2シードのマリア・シャラポワ対アレクサンドラ・パノワの試合は、シャラポワがセットカウント2-1で勝利した。

パノワは世界ランキング150位。予選から勝ち上がって本戦に進んできた25歳。誰もがシャラポワの勝利を疑わず、第1セットは予想どおり6-1でシャラポワが先取した。しかし、第2セットになるとシャラポワがサービスでミスを出し、2度のブレークを奪ったパノワが4-6で奪い返す。

フルセットマッチとなった第3セットも、両者一歩も譲らぬ激闘になった。第1ゲームでシャラポワはいきなりサービスゲームをブレークされる。第6ゲームにシャラポワもブレークするが、直後の第7ゲームすかさずパノワがブレークバック。

パノワのサービスとなる第10ゲーム、シャラポワはマッチポイントを握られた場面からリターンエースを決め、土壇場でデュースに持ち込む。このマッチポイントをしのぎブレークしたシャラポワは、続く第11ゲームをラブゲームでキープ。

第12ゲームはパノワが先にポイントを奪うが、追い詰められても最後まで攻めの姿勢を崩さない、厳しいテニスを続けたシャラポワが連続で奪い返し2時間31分の熱戦に終止符を打った。

予想外の激闘となった試合に「ほんっっとに!メンタル強いなー!」「あそこから巻き返すのか…。さすがだわ」「ここぞという時のメンタル強し。さすが」「こういう試合を見ると、テニスって己との戦いだなぁと思うんだよね」「諦めない強さ」など、精神力に驚いたという声が目立った。

ミスが多く調子は良くなかったシャラポワだが、世界ランキング1位返り咲きを狙う2015年。ここで終わるわけにはいかない。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top