【テニス】錦織、ラオニッチに惜敗で決勝進出は逃すも全豪に自信「いい準備ができた」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【テニス】錦織、ラオニッチに惜敗で決勝進出は逃すも全豪に自信「いい準備ができた」

スポーツ 短信
コアラとふれあう錦織圭(2015年1月6日)(c)Getty Images
  • コアラとふれあう錦織圭(2015年1月6日)(c)Getty Images
  • 錦織圭 動画キャプチャ
テニスのブリスペン国際は10日、男子シングルス準決勝が行われ、日本の錦織圭はラオニッチと対戦。7-6、6-7、6-7の接戦の末セットカウント1-2で敗れた。

試合を通じ両者ともタイブレークに入るまでサービスゲームブレイクがない熱戦。身長196センチ、世界有数のビッグサーバー・ラオニッチが今大会最多となる32本のサービスエースを決めると、錦織も粘りのテニスでサービスゲームを確実にものにしていく。

最後はラオニッチにリターンエースを決められ敗れたものの、2時間33分に及ぶ熱戦に錦織は「全豪に向け、いい準備ができた」と本番での逆転に自信を覗かせた。

2015年初優勝とはならなかったが、新世代同士の白熱した試合にファンは「3セットともタイブレまでもつれるいい試合だったな」「このふたりはいいライバル同士になったね」「錦織選手とラオニッチ選手すごい試合なったな」「ミスが先に出た方が負ける互角の戦い」「錦織、ラオニッチに惜敗か。 ラオニッチはいいライバルだな」など、今後も名勝負を通じ成長してくれそうと感じたようだ。

最近は米国の有力誌『TIME』でアジア版と南太平洋版の表紙を飾った錦織。今年も日本の顔として世界と真っ向勝負だ。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top