【ツール・ド・東北14】仲間と走れば楽しさ倍増!おそろいのサイクルジャージでゴールを目指す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツール・ド・東北14】仲間と走れば楽しさ倍増!おそろいのサイクルジャージでゴールを目指す

サイクリングイベントのツール・ド・東北 2014が9月14日に宮城県の三陸沿岸で開催されました。

スポーツ まとめ
楽しい一日でした(ツール・ド・東北14)
  • 楽しい一日でした(ツール・ド・東北14)
  • 濃霧でもチームなら心強いです(ツール・ド・東北14)
  • 見晴らしのいいところでパチリ(ツール・ド・東北14)
  • 仲間が増えたのでもう一枚(ツール・ド・東北14)
  • フカヒレスープもみんなで飲みました(ツール・ド・東北14)
  • お帰りなさい(ツール・ド・東北14)
  • 帰ってきたー(ツール・ド・東北14)
  • お疲れさまでした(ツール・ド・東北14)
サイクリングイベントのツール・ド・東北 2014が9月14日に宮城県の三陸沿岸で開催されました。

今回、そのスタート&ゴール地点の石巻専修大学から南三陸町旧防災庁舎までの往復およそ150kmをロードバイクで実走取材。一般参加ライダーの皆さんと一緒に走った様子を数回に渡ってレポートします。今回はチームメイトの話。

参加したライダーの中にはおそろいのサイクルジャージに身を包み、複数人のチームで走っている光景もよく見かけました。友人、ショップのクラブチーム、会社の同僚などチーム構成は様々。

今大会は最短でも60kmを走り、その上アップダウンの多いコース。ひとりなら挫けそうになっても、いつも一緒に走る仲間が一緒だったら頑張れます。ゴールに次々と帰ってくるライダーを撮影していたとき、仲間と肩を組んだり、手をつないで走り終える姿が印象的でした。

チームは2~5人で1チームとしてエントリーできます。今年ひとりで走った人は、来年は友人を誘って同じジャージで東北を走ってみてはいかが?

チーム参加で仲間がいればエイドステーションの食事はより楽しく、バイクトラブルで困った時も心強いですよ。
《五味渕秀行》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top