ツール・ド・東北が「奥松島グループライド&ハイキング」コース新設 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ツール・ド・東北が「奥松島グループライド&ハイキング」コース新設

河北新報社とヤフーは、9月16日(土)、17日(日)に開催する自転車イベント「ツール・ド・東北 2017」の開催概要を発表した。

イベント スポーツ
ツール・ド・東北が「奥松島グループライド&ハイキング」コース新設
  • ツール・ド・東北が「奥松島グループライド&ハイキング」コース新設
河北新報社とヤフーは、9月16日(土)、17日(日)に開催する自転車イベント「ツール・ド・東北 2017」の開催概要を発表した。

「ツール・ド・東北」は、2013年から開催している東日本大震災の復興支援、震災の記憶を未来に残していくことを目的としたファンライド形式の自転車イベントだ。順位やタイムを競うのではなく、楽しく走る。

今年は、1日目にグループライドコースを新設。昨年まで宮城県石巻市、気仙沼市、女川町、南三陸町の2市2町を舞台に開催していたが、新たに宮城県東松島市を舞台とする「奥松島グループライド&ハイキング」コースが加わり、3市2町に開催エリアが拡大する。

奥松島グループライド&ハイキングは、グループで奥松島エリアの風光明媚なルートを約70km走るコース。初級者も参加しやすい比較的平坦な道のりが続く。観光要素も織り交ぜられており、休憩ポイントでは自転車を降りて大高森のハイキングを楽しめる。また、震災遺構となった旧野蒜駅舎を利用した震災伝承館に立ち寄る。

大会会場は、石巻専修大学(スタート&全コースゴール地点)。一般出走ライダーのエントリーは、5月22日(月)スタート。募集人員4,000名(1日目500名、2日目3,500名)。エントリー方式は、これまでの抽選方式から先着方式に変更される。エントリーは、Yahoo!ショッピング「ツール・ド・東北 ストア」から行う。なお、今大会より1日目、2日目の重複エントリーが可能になっている。

■開催日
・9月16日(土) 実施コース:2コース
奥松島グループライド&ハイキング、牡鹿半島チャレンジグループライド
・9月17日(日)実施コース:5コース
気仙沼ワンウェイフォンド、気仙沼フォンド、南三陸フォンド、北上フォンド、女川・雄勝フォンド

■エントリー料 ※すべて税抜き
●9月16日(土)
・奥松島グループライド&ハイキング(70km)9,000円
・牡鹿半島チャレンジグループライド(100km)9,000円
●9月17日(日)
・気仙沼フォンド(210km)17,000円
・南三陸フォンド(170km)13,000円
・北上フォンド(100km)10,000円
・女川・雄勝フォンド(65km)8,000円
・気仙沼ワンウェイフォンド(100km)11,000円
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top