【ブエルタ・ア・エスパーニャ】総合優勝まで残り4ステージのコンタドール「ヒザの問題は完全に消え去った」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ブエルタ・ア・エスパーニャ】総合優勝まで残り4ステージのコンタドール「ヒザの問題は完全に消え去った」

2014年ブエルタ・ア・エスパーニャ、9月10日の第17ステージで総合首位のアルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)はライバルと同集団でゴールし、マイヨロホを守った。

スポーツ 短信
ブエルタ・ア・エスパーニャ第17ステージ
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ第17ステージ
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ第17ステージ
2014年ブエルタ・ア・エスパーニャ、9月10日の第17ステージで総合首位のアルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)はライバルと同集団でゴールし、マイヨロホを守った。

しかし、第18ステージ以降も再び頂上ゴールが2つ、個人タイムトライアルが1つ待ち受けており、油断できない日々が続く。コンタドールは現在の状況について、チームを通じ次のように語っている。

「今日は移動ステージだった。でも、終盤の石畳区間は緊張感がすごかった。自分の前で誰かが離されたら、すぐにタイムロスするからね」

「毎日が重要だよ。明日のレースは、ホアキン(ロドリゲス)やアレハンドロ(バルベルデ)に向いているゴールだ。僕は彼らに離されないようにし、脚の反応を見ないとね。彼らはステージ優勝に興味があるし、僕はついていかないといけないんだ」

「ヒザの問題は完全に消え去った。僕の調子はすごくよくなっている。まだ改善していると思うし、またはレース中に得た自身なのかもね。でも僕は絶好調だし、サンティアゴ(最終ステージ)まで守れることを願っているよ」
《》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top