【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】ボーネンは石畳区間で遅れる…第18ステージは未出走 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】ボーネンは石畳区間で遅れる…第18ステージは未出走

スポーツ 短信

トム・ボーネン(オメガファルマ・クイックステップ)
  • トム・ボーネン(オメガファルマ・クイックステップ)
  • トム・ボーネン(オメガファルマ・クイックステップ)
  • トム・ボーネン(ベルギー)
2014年ブエルタ・ア・エスパーニャ、9月10日の第17ステージでトム・ボーネン(オメガファルマ・クイックステップ)はチームメイトともにステージ優勝を狙ったが、最後の集団スプリントには絡めなかった。

結局、ボーネンは22秒遅れの62位でゴールし、さらに11日の第18ステージには出走しないことを決断した。チームから発表されたコメントは以下の通り。

「ラスト数kmの石畳区間には、石畳が敷かれていない小さなスペースがあった。みんなそこを走っていて、僕はカンチェラーラ、スタイベン(ともにトレックファクトリーレーシング)、ボドナール(キャノンデール)の後ろについていた」

「何が起こったのかわからないけど、ボドナールがメカトラにあったみたいで、左に動き、僕はブレーキをかけることになった。その瞬間100m離されて、ペースが速かったので復帰できなかった。僕のスプリントは、ゴールラインにたどり着く前に終わったよ」

「いずれにせよ。ブエルタでの自分の走りには満足している。(総合争いのエース)ウランがリタイアしたので、僕は回復に集中し、チームタイムトライアル(TT)で始まる世界選手権の準備をした方がいいんだ。2012年の思い出はすばらしく、個人の勝利と比べても最高の気分なんだ。再びメンバーに加われることがうれしいよ」

なお、オメガファルマ・クイックステップは世界選手権のチームTTで、過去2連覇している。ボーネンは2年ぶりにチームTTのメンバーに加わることになる。
《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top