【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】第15ステージはニエミエツが逃げ切りでグランツール初勝利 総合上位陣は秒差の争いを展開 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】第15ステージはニエミエツが逃げ切りでグランツール初勝利 総合上位陣は秒差の争いを展開

スポーツ 短信

ブエルタ・ア・エスパーニャ第15ステージを制したニエミエツ
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ第15ステージを制したニエミエツ
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ第15ステージ
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ第15ステージ
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ14第15ステージのプロフィールマップ
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ14第15ステージ、山頂ゴールまで残り12.2kmのプロフィールマップ
2014年ブエルタ・ア・エスパーニャ、9月7日の第15ステージはオビエド~ラゴスデコバドンガ間の152.5km。最後の上りを前に雨は上がった。

先頭5人からはジョン・デゲンコルプ(ジャイアント・シマノ)が途中で遅れたが、残る4人はメイン集団から4分のリードを保って残り12kmの上り口に突入した。

この中から残り10kmでキャメロン・メイヤー(オリカ・グリーンエッジ)が単独で抜け出し、プジェミスラウ・ニエミエツ(ランプレ・メリダ)が追いついて先頭は2人となる。さらに残り5kmでニエミエツがメイヤーを振り落とすと、後方の総合上位陣の争いをかわして自身初のグランツール初優勝を飾った。

メイン集団からは上りに入るとワレン・バルギル(ジャイアント・シマノ)がたびたびアタックをしかけるが、決定的な差を広げることはできない。残り7kmからホアキン・ロドリゲス(カチューシャ)、アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)が波状攻撃をしかけ、この2人とアレハンドロ・バルベルデ(モビスター)のスペイン勢3人が他のライバルたちをわずかに引き離す。

しかし、前日粘りを見せたクリストファー・フルーム(スカイ)は今回もつかず離れずこの3人を追いかける。

最後はニエミエツから5秒差でバルベルデがステージ2位、ロドリゲスがステージ3位でフィニッシュ。ゴール前でわずかに差を広げられたコンタドールは10秒差の4位。フルームはファビオ・アール(アスタナ)と同じ17秒差の6位でゴールラインを越えた。

この結果、コンタドールは総合首位のマイヨロホを守り、2位のバルベルデは31秒差とわずかにリードを削り取った。3位のフルームはタイム差を広げられ、1分20秒差。4位のロドリゲスはフルームと同タイムにつけている。

山岳賞はバルベルデが新たに獲得し、複合賞のジャージも守った。ポイント賞もデゲンコルプがキープしている。
《》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?

編集部おすすめの記事

page top