【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】第11ステージのハイライト動画 アールが山頂ゴールを制す。キンタナが落車でリタイア | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】第11ステージのハイライト動画 アールが山頂ゴールを制す。キンタナが落車でリタイア

スポーツ 短信

総合リーダー、マイヨロホのコンタドール(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第11ステージ)
  • 総合リーダー、マイヨロホのコンタドール(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第11ステージ)
  • キンタナが落車でリタイア(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第11ステージ)
  • 負傷したモラビート(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第11ステージ)
  • 山頂ゴールを制したアール(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第11ステージ)
  • 最後まで逃げ続けたキリエンカ(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第11ステージ)
  • 総合上位のアール、ヘーシンク、首位のコンタドール(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第11ステージ)
  • 最後の上りで前に出るトロフィモフとアレドンド(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第11ステージ)
  • ヘーシンクとバルギル(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第11ステージ)
スペイン全土を舞台に3週間かけて行われるステージレース、第69回ブエルタ・ア・エスパーニャ。第11ステージはパンプローナからサントゥアリオ・デ・サンミゲルデアララルまでの153.4km行われ、ハイライト動画が公開されている。

最後の上り、ゴールまで残り1km。先頭で総合争いをする選手たちの中からファビオ・アール(アスタナ)が単独でアタックし、そのまま逃げ切り山頂ゴールを制した。

後半にカテゴリー3級の山岳ポイントを越え、1級の山頂ゴールとなるこの日。序盤にメイン集団で大きな落車が起こった。そこに巻き込まれたのが総合最有力候補として今大会に参加したナイロ・キンタナ(モビスター)だ。前日の個人タイムトライアルでも落車して総合順位を落としていたが、連日のアクシデントで右肩甲骨を骨折。ブエルタを去った。

総合リーダージャージのマイヨロホはアルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)がキープしている。区間優勝のアールは総合順位は7位で変わらないがコンタドールとのタイム差を14秒縮めている。

第11ステージ終了時点での総合成績は以下の通り。

1位 アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)
2位 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター)+20’’
3位 リゴベルト・ウラン(オメガファルマ・クイックステップ)+1' 08''
4位 クリストファー・フルーム(スカイ)+1' 20''
5位 ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ)+1' 35''
6位 サムエル・サンチェス(BMCレーシング)+1'52''
7位 ファビオ・アール(アスタナ)+2' 13''
8位 ウイネル・アナコナ(ランプレ・メリダ)+2' 22''
9位 ロベルト・ヘーシンク(ベルキン)+2' 55’'
10位 ダミアーノ・カルーゾ(キャノンデール)+ 3' 51’’

大会は総距離およそ3240km、9月14日まで全21ステージで行われる。

《五味渕秀行》

編集部おすすめの記事

page top