【USAプロチャレンジ14】引退目前のフォイクト、残り1kmで惜しくも勝利を逃す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【USAプロチャレンジ14】引退目前のフォイクト、残り1kmで惜しくも勝利を逃す

2014年USAプロチャレンジ第4ステージ、このレースを最後に引退する42歳の大ベテラン、イェンス・フォイクト(トレックファクトリーレーシング)はステージ優勝を目指して単独で逃げ続けた。

スポーツ 短信
2014年USAプロチャレンジ第4ステージ、イェンス・フォイクト(トレックファクトリーレーシング)
  • 2014年USAプロチャレンジ第4ステージ、イェンス・フォイクト(トレックファクトリーレーシング)
  • 2014年USAプロチャレンジ第4ステージ、イェンス・フォイクト(トレックファクトリーレーシング)
  • 2014年USAプロチャレンジ第4ステージ、イェンス・フォイクト(トレックファクトリーレーシング)が敢闘賞受賞
  • 2014年USAプロチャレンジ第4ステージ、イェンス・フォイクト(トレックファクトリーレーシング)が敢闘賞受賞
2014年USAプロチャレンジ第4ステージ、このレースを最後に引退する42歳の大ベテラン、イェンス・フォイクト(トレックファクトリーレーシング)はステージ優勝を目指して単独で逃げ続けた。

しかし、惜しくも残り1kmでメイン集団に捕まり、勝利には手が届かなかった。フォイクトに残されたレースは、後半の3ステージのみとなった。

このステージの敢闘賞に選ばれたフォイクトは「今日はすべてを賭けて挑んだ。最高の結果を望んでいたけど、後悔はない。僕はベストを尽くしたし、これ以上の走りができたとは思わない。最大限のリスクを冒したけど、今日はこれが自分のすべてだった。ここでステージ優勝したいけど、誰もプレゼントしてくれないだろう。自転車レースにそういうものはないんだよ」とレースの厳しさを痛感していた。
《》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top