【ジロ・デ・イタリア14】勝負の雪降るステルビオ峠 激走を振り返る写真300 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ジロ・デ・イタリア14】勝負の雪降るステルビオ峠 激走を振り返る写真300

スポーツ 短信
2014ジロ・デ・イタリア第16ステージ
  • 2014ジロ・デ・イタリア第16ステージ
  • ジロ・デ・イタリア第21ステージ、リラックスした様子で談笑しながら走る新城
  • ジロ・デ・イタリア第21ステージ、総合優勝の証マリアローザを手にしたのはナイロ・キンタナ
  • ジロ・デ・イタリア第20ステージのゾンコランにゴールでホッとした表情。新城のジロはこのときに終わった
  • 2014ジロ・デ・イタリア第21ステージ
  • 2014ジロ・デ・イタリア第21ステージ
  • 2014ジロ・デ・イタリア第21ステージ
  • 2014ジロ・デ・イタリア第21ステージ
モビスターのナイロ・キンタナ(24=コロンビア)が総合優勝した第97回のジロ・デ・イタリア。

ステージ序盤はマイケル・マシューズ(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)が、若さ溢れる圧巻の走りで魅せた。

第8ステージ以降は過酷な環境と相まって熾烈な首位争いが続いた。

マシューズに続いて首位に躍り出たBMCのカデル・エバンス(オーストラリア)だったが、個人TTで一気に飛び出したのはオメガファルマ・クイックステップのリゴベルト・ウラン(コロンビア)。

その後の結果を振り返ると最難関、雪の第16ステージがカギになった。

最高峰2758mのステルビオ峠を越え、最後は2059mのバルマルテッロにゴールする行程。ステルビオ峠は雪となり過酷を極めた。ここでアシスト陣にけん引されて抜け出したキンタナが勝利。

この勝利を手に、キンタナは安定した粘りの走りで堂々の総合優勝を手にした。

日本人選手も別府史之、新城幸也ともに完走を果たした。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top