ガーミン、GPSサイクルコンピューターと自転車用後方レーダーの新モデル発売 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ガーミン、GPSサイクルコンピューターと自転車用後方レーダーの新モデル発売

新着 製品/用品

ガーミンジャパンは、GPSサイクルコンピューター「Edge130(エッジ130)」と、サイクリング用マイクロレーダー内蔵テールライト「VariaRTL510リアビューレーダー(ヴァリアアールティーエル510リアビューレーダー)」を6月7日(木)より発売する。

「Edge130」は、不要なものをそぎ落としたGPSサイクルコンピューターの高機能エントリーモデルだ。約33gの軽量ボディに、高解像度で直射日光下でも見やすい1.8インチMIPディスプレイを搭載。コースデータを転送し、簡易ナビゲーションできる。

心拍、スピード、ケイデンス、パワーの各センサーは、ANT+とBluetoothのセンサーに対応。登録した連絡先に位置情報を送信できる援助要請機能も搭載する。センサー類が付属しない本体のみ、スピードセンサーとケイデンスセンサーが付属するセットの2種類を用意する。価格 本体のみ23,800円、セット29,800円。各税抜き。

「VariaRTL510リアビューレーダー」は、稼働時間や可視性能を向上した自転車用後方レーダーの最新モデルだ。稼働時間はデイライトモードで約15時間、ナイトモード・点灯モードで約6時間。デイライト65lm、ナイトモード時29lm、点灯20lmの明るさを持つ。

本体デザインが横型から縦型に変更されており、よりスマートにバイクへのマウントが可能。約140m後方からの車両の接近を検知できる後方レーダーは、サイコン上のアラートとテールライトLED点滅パターンの変化でライダーとドライバーの双方に注意を促す。価格23,800円(税抜)。両製品ともに、5月31日(木)より予約を開始する。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

まとめ

新着 アクセスランキング

  1. ホンダ シビック タイプR、公開直前の市販型がリーク!

    ホンダ シビック タイプR、公開直前の市販型がリーク!

  2. コンコルドよりも速い超音速旅客機が公開…2017年に初飛行予定

    コンコルドよりも速い超音速旅客機が公開…2017年に初飛行予定

  3. 持ち歩く水「oOho」が来年には販売開始?…マラソン大会の給水に利用か

    持ち歩く水「oOho」が来年には販売開始?…マラソン大会の給水に利用か

  4. NASA、火星探査車のコンセプトモデルを披露!

  5. 日本的な大人5名用ワンルームテント「タケノコテントミニ」発売

  6. “腕に巻けるスマホ”が発表…ディスプレイがぐにゃぐにゃ曲がる!

  7. ホームランバーとセ・リーグ6球団がコラボ!選手カード付きアイスを5月発売

  8. ランニング・ウォーキング支援アプリ「Runtastic」がバージョンアップ実施

  9. 【高校野球】100年記念!全国高校野球選手権大会オフィシャルグッズ販売

  10. 富士通、スポーツデータ活用による新事業創出を目指す「スポーツデータみらいデザインラボ」開始

アクセスランキングをもっと見る

page top