アディダス、シリアスランナー向け「アディゼロ タクミ」新モデルを1月発売 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アディダス、シリアスランナー向け「アディゼロ タクミ」新モデルを1月発売

アディダス ジャパンは、2016年1月15日(金)より、シリアスランナー向けの新作ランニングシューズ2種類の販売を開始する。

新着 製品/用品
アディダス、シリアスランナー向け「アディゼロ タクミ」新モデルを1月発売
  • アディダス、シリアスランナー向け「アディゼロ タクミ」新モデルを1月発売
  • アディダス、シリアスランナー向け「アディゼロ タクミ」新モデルを1月発売
  • アディダス、シリアスランナー向け「アディゼロ タクミ」新モデルを1月発売
  • アディダス、シリアスランナー向け「アディゼロ タクミ」新モデルを1月発売
  • アディダス、シリアスランナー向け「アディゼロ タクミ」新モデルを1月発売
  • アディダス、シリアスランナー向け「アディゼロ タクミ」新モデルを1月発売
  • アディダス、シリアスランナー向け「アディゼロ タクミ」新モデルを1月発売
  • アディダス、シリアスランナー向け「アディゼロ タクミ」新モデルを1月発売
アディダス ジャパンは、2016年1月15日(金)より、シリアスランナー向けの新作ランニングシューズ2種類の販売を開始する。

新作ランニングシューズは、レーシングモデル「adizero takumi sen boost 2(アディゼロ タクミ セン ブースト ツー)」と、トレーニングモデル「adizero takumi ren boost 2(アディゼロ タクミ レン ブースト ツー)」の2種類。同社専属ランニングアドバイザーの三村仁司氏と共同開発を行い、昨年、多くの日本人ランナーの記録更新に貢献したモデルの新作となる。

「アディゼロ タクミ」は、2012年の発売以来、数多くのエリート アスリートのレースシーンを支えてきた。2014年9月に開催されたベルリンマラソンでは、デニス・キメット選手(ケニア)がBOOSTフォーム搭載のアディゼロ ジャパン ブースト2を着用し、2時間2分57秒の世界新記録を樹立。青山学院大学 駅伝チームは、初めてアディゼロ タクミシリーズにBOOSTフォームを搭載したアディゼロ タクミ セン ブーストを着用し、活躍を見せた。

4代目となる新モデルは、三村氏がおよそ4年の歳月をかけて開発したメッシュ「Mim-lite MESH X(ミムライト メッシュ クロス)」を使用している。ダブルラッセル構造によってしっかり立ち上がった中間層により、走行中のシューズの形状変化に柔軟に対応。安定したフィッティングを実現した。

現在のアディゼロ タクミ セン ブーストと比較して、通気性、フィット感が格段に向上し、さらなる軽量化に成功。足の可動域にあわせた適度な伸び止め、元の形状を維持する力が増し、使い込んでも崩れにくく、走る間も通気性を維持する。

前作同様に、日本人ランナーの足型に3Dでフィットする「micro FIT (マイクロフィット) レーシン ラスト」を採用。前足部から踵までぶれないフィット感を提供する。また、踵部分の補強に、薄型のTPUを用いて熱圧着。ヒールカウンターのエッジをスカイビング加工し、縫製を排除した。

ミッドソールには、小指の付根から前足部にBOOSTフォームを搭載。よりスピードを生み出す構造に設計されている。アウトソール前足部には、コンチネンタルラバーを採用。濡れた路面で約39%、乾いた路面で約32%(同社比)向上させたグリップ性能により、推進をサポート。ウレタン樹脂を突起上に成形した分割配列形状のアウトソール「Dual Stencil Process quickstrike」は、トレッドの耐久性、耐摩耗性に加え、しなやかな蹴り出しや、軽量性、グリップ性能の向上を実現する。

三村氏は、「特にこのシューズは『フィットがいいな』という感じが長く続きます。つかれにくい、故障しにくい、走りやすいと感じてもらえると思いますので、多くの日本人ランナーの方に履いて欲しい一足です」とコメントしている。

アディゼロ タクミ セン ブースト2は、サイズ(ユニセックス)22.0cm~30.0cm。価格は16,500円(税抜)。アディゼロ タクミ レン ブースト2は、メンズ 24.5cm~30.0cm、ウィメンズ 22.0cm~26.0cm、ワイド 24.5~30.0cm。価格は15,500円(税抜)。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top