世界で最もチーズを愛する国はどこ?年間チーズ消費量をランキング | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

世界で最もチーズを愛する国はどこ?年間チーズ消費量をランキング

新着 飲食

世界のチーズ消費量
  • 世界のチーズ消費量
溶かしたてあつあつ、とろとろのチーズをパンや温野菜にかけて食べるスイス料理「ラクレット」や、チーズフォンデュ、ピザやワインのおつまみなど、チーズが好きという方は多いはず。

そんな愛されチーズ、世界の国々ではいったいどれほどのチーズが消費されているのでしょうか。

このほど、一人あたりの年間チーズ消費量からランキング、チーズ消費国TOP20が発表された。

消費量1位となったのは美食の国フランス。ひとりあたりの消費量は26.2kg。続く消費量を誇るドイツ、アイスランド、ルクセンブルクは3カ国そろって24.2kgを消費。フランスとの差は一人あたり2kgというから驚きだ。また、日本の消費量は2.2kgと、フランスの10分の1以下となった。

なお、チーズの本場ヨーロッパでは乳を固めて発酵熟成させた「ナチュラルチーズ」が一般的。クセのあるものから、味わいの深いチーズまで、自分好みのチーズを求め各国のチーズを食べ比べてみるのも良いかもしれない。


※ランキングデータはトリップアドバイザー調べ

世界で最もチーズを消費する国が判明!世界一チーズを愛する国の栄冠はどの国に?

《タビル編集部》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top