エニタイムフィットネス、日本で初めてApple GymKit対応設備を導入 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

エニタイムフィットネス、日本で初めてApple GymKit対応設備を導入

新着 製品/用品

フィットネスクラブ「ANYTIME FITNESS(エニタイムフィットネス)」は、日本で初めてApple GymKit対応の設備を導入することを発表した。

Apple GymKitは、有酸素運動器具とApple Watchを接続するテクノロジープラットフォームだ。 ANYTIME FITNESSでは、対応設備の導入により、Apple WatchとLife Fitness社の有酸素運動マシン(トレッドミル、クロストレーナー、インドアバイク等)を簡単にペアリングでき、Apple Watch上でマシン上のデータを確認できる。

導入店舗は、エニタイムフィットネス恵比寿店。Apple Watchと有酸素運動マシンのペアリングが完了すると、自動的にデータのやり取りが始まる。マシンとApple Watchの間では、心拍数、燃焼カロリー、距離、傾斜といったデータがワイヤレスでやり取りできる。

恵比寿店では、Apple GymKitを使用することで、自分のワークアウトを簡単にトラック、記録して各自のフィットネスのゴールを正確に目指せるようになる。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

まとめ

新着 アクセスランキング

  1. スポーツ対応のリュック型熱中症対策グッズ「SUMMER RUNNER」発売

    スポーツ対応のリュック型熱中症対策グッズ「SUMMER RUNNER」発売

  2. スポーツビジネス分野の若手起業家育成プログラム「埼玉 Sports Start-up」キックオフイベント開催

    スポーツビジネス分野の若手起業家育成プログラム「埼玉 Sports Start-up」キックオフイベント開催

  3. ライザップ、トレーニング用コンプレッションウェアシリーズ発売

    ライザップ、トレーニング用コンプレッションウェアシリーズ発売

  4. 米国生まれの低酸素トレーニングマスク「TRAINING MASK」発売

  5. マイクロソフトのVRヘッドセット最低動作環境が明らかに

  6. 甲子園デザインのエナジードリンク&塩はちみつレモン発売

  7. スポーツカーのスピードメーターにインスパイアされたシンプルな時計「Ferro Watch」 バンクーバー

  8. 北島康介、山田孝之が設立したミーアンドスターズの最高スポーツ責任者に就任

  9. 動体視力トレーニングメガネ「ビジョナップ」にジュニア向けが登場

  10. 麦畑の中で五郎丸歩がゴクリ「アサヒ ザ・ドリーム」新CMオンエア

アクセスランキングをもっと見る

page top