室屋義秀、エアレース初戦「アブダビ大会」2位獲得 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

室屋義秀、エアレース初戦「アブダビ大会」2位獲得

「Red Bull Air Race World Championship 2018」のマスタークラスにアジア人で唯一参戦するTeam FALKEN(チームファルケン)の室屋義秀が、シリーズ初戦で2位を獲得した。

スポーツ 短信
室屋義秀、エアレース初戦「アブダビ大会」2位獲得
  • 室屋義秀、エアレース初戦「アブダビ大会」2位獲得
  • 室屋義秀、エアレース初戦「アブダビ大会」2位獲得
「Red Bull Air Race World Championship 2018」のマスタークラスにアジア人で唯一参戦するTeam FALKEN(チームファルケン)の室屋義秀が、シリーズ初戦で2位を獲得した。

「Red Bull Air Race World Championship」は、機動性に優れた軽量のレース専用飛行機を操縦し、低空の空中コースを飛行して技の正確さと速さを競う飛行機レースの世界選手権だ。2月2日(金)~3日(土)、シリーズ初戦がアラブ首長国連邦・アブダビにて開催された。

昨シーズン、自己最多となる4大会で優勝を飾り、ワールドチャンピオンを獲得した室屋は、アブダビ大会でも高い精度とスピードを誇るフライトを予選から決勝ラウンドを通して披露。2位を獲得した。次戦は4月21日(土)、22日(日)、フランス・カンヌで開催される。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top