榮倉奈々、則本昂大も絶賛!アスリートの新概念「筋連動」のためのレイヤー『アルファスキン』 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

榮倉奈々、則本昂大も絶賛!アスリートの新概念「筋連動」のためのレイヤー『アルファスキン』

アディダスジャパンは、アスリートの「筋連動」のために生まれた新たなハイパフォーマンスレイヤー『ALPHASKIN(アルファスキン)』を2018年1月11日より発売開始。

新着 製品/用品
アスリートの新概念「筋連動」のためのレイヤー・アルファスキン
  • アスリートの新概念「筋連動」のためのレイヤー・アルファスキン
  • 榮倉奈々
  • アスリートの新概念「筋連動」のためのレイヤー・アルファスキン
  • アディダス契約フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一氏
  • アディダス契約フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一氏
  • 香川真司
アディダスジャパンは、アスリートの「筋連動」のために生まれた新たなハイパフォーマンスレイヤー『ALPHASKIN(アルファスキン)』を2018年1月11日より発売開始。

それに伴い、1月25日にアルファスキンの商品説明会が行われ、アディダス契約フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一氏らが登壇した。

アルファスキンの特徴は、「ボディラッピング」と「キネティックライン」。「ボディラッピング」がアスリートの動きを妨げることなく第二の皮膚のような着圧感で体を360度包み込み、体の動きを意識して配置された「キネティックライン」により、一部分だけでなく全身の筋肉を効率よく連動させること(=筋連動)を意識することができる。

中野氏も「アルファスキンを着用していると、不自然な姿勢や動きをとると違和感もありますけど、理にかなった正しい動きをすると快適です」と語った。



この後、中野氏によるメディア向けのトレーニング体験イベントで、実際にアルファスキンを着用して筋連動を意識したトレーニングを行った。

実際に着用してみての感想は、中野氏の言う通り、体に負担をかける動きや姿勢をとるとかなり違和感が。逆に力を抜いてアルファスキンに身を委ねてみると自然と体も楽な姿勢に矯正された。

中野氏によると、アルファスキンに逆らわず力を委ねていると、体を正しい位置にガイドしてくれるので間違ったトレーニング方法になりにくいとのこと。

あえてアルファスキンに逆らったトレーニングをおこなってみると、一部分の筋肉が鍛えられていて負担がかかっているのが分かることに対して、アルファスキンに身を委ねてみると、筋肉の束が鍛えられているという印象。

様々なアディダス契約選手もアルファスキンを着用しており、女優の榮倉奈々さん、プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスの則本昂大選手も絶賛している。



アスリートの新概念「筋連動」のために生まれたハイパフォーマンスレイヤー『ALPHASKIN(アルファスキン)』はアディダス直営店にて発売中。
《北川雄太》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top