川崎F・小林悠、雨中の応援をファンに感謝…3発快勝で首位と2差 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

川崎F・小林悠、雨中の応援をファンに感謝…3発快勝で首位と2差

スポーツ 選手

小林悠 参考画像(2017年4月12日)
  • 小林悠 参考画像(2017年4月12日)
(c) Getty Images

序盤の劣勢を耐え抜いた川崎フロンターレが首位の鹿島アントラーズを勝ち点2差に捉えた。明治安田生命J1リーグ第30節が10月21日に行われ、川崎Fはアウェイでサンフレッチェ広島と対戦。3-0の勝利を収めた。

ケガで主力選手4名を欠いた川崎F。しかし、シーズン途中にはさらなる大量離脱を経験し、その危機も乗り越えてきた経験がある。前半40分に谷口彰悟のゴールで先制すると、アディショナルタイムには三好康児の追加点。後半40分には小林悠も決めて駄目を押した。

試合後にインスタグラムを更新した小林は、「今日も雨の中応援ありがとうござました!」と台風が近づく中、敵地まで駆けつけてくれたサポーターに感謝。試合に関しては「メンバーが変わってもしっかりと勝ち点3をとって帰ることができました」と、主力を欠きながらも勝利できたことを喜んだ。

同日の試合で敗れた鹿島との差は2ポイント。残り4試合での逆転優勝に懸ける。


小林のインスタグラムにファンからは、「残りの試合も悠さんのゴールでチームを勝利に」「ゴール最高でした!!次もよろしくお願いします!」「最高の週末をありがとうございます」「本当に川崎の結束力と力強さ感じました。一戦一戦大変ですが頑張ってください!」などのコメントが寄せられている。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top