阪神が5連敗で広島と6ゲーム差に…不調の打線に金本監督は「いまが底かな」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

阪神が5連敗で広島と6ゲーム差に…不調の打線に金本監督は「いまが底かな」

スポーツ 短信
野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
6月27日に浜松球場で行われた阪神対中日戦で阪神が1-3で敗れた5連敗を喫した。試合後の金本知憲監督は「やっぱり、一番は打線。いまが底かな」と話している。

阪神の先発・秋山拓巳は初回に2アウト二、三塁からアレックス・ゲレーロの犠牲フライで1点を失う。四回にはゲレーロの21号ソロも被弾。それでも粘り強く投げて6回を4安打2失点にまとめた。

「初回の投球でストライクをそろえ過ぎてしまったところを打たれ、失点してしまった」と秋山。ピッチング自体はコースの外と内を使い分けられたが、ゲレーロに打たれた一発は「力負けだった」と振り返る。

「次は味方が点を取ってくれるまでは、相手に点を与えないような投球ができるように頑張る」

投手陣の奮闘に応えたい打線だが八回に1点差で迎えたノーアウト一、二塁の好機も無得点。あと1点が遠く首位の広島とは6ゲーム差に開いた。

「一年の中にどのチームにも必ずこういう時期はあるものだが、うちはその時期に来ていると思うしかない」と打線を嘆いた金本監督。それでも「声が出てるし、下を向いている選手はいない。打てない!勝てない!というのはあるけど、前向いてやってるから」と復調を信じた。

この試合にファンからは、「チャンスで打てなきゃ勝てない」「秋山は悪くない。打線がね」「まだ発展途上のチームだから最後まで優勝争いする体力はないのかな」「このままズルズルだけは避けたい」「このまま失速したら去年までと一緒だぞ」などの声が寄せられている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top