【調べてみた】今季躍進のあのクラブは...?ブンデスリーガクラブ・Twitterフォロワー数ランキング | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【調べてみた】今季躍進のあのクラブは...?ブンデスリーガクラブ・Twitterフォロワー数ランキング

スポーツ 短信
ブンデスリーガ参考画像
  • ブンデスリーガ参考画像
圧倒的な強さを見せたバイエルン・ミュンヘンがブンデスリーガ史上初の5連覇を達成して幕を閉じた2016-17シーズンのブンデスリーガ。順位表は以下の通り。

1 バイエルン・ミュンヘン…勝点82 

2 RBライプツィヒ…勝点67

3 ドルトムント…勝点64

4 ホッフェンハイム…勝点62

5 FCケルン…勝点49

6 ヘルタBSC…勝点49

7 SCフライブルク…勝点48

8 ヴェルダー・ブレーメン…勝点45

9 ボルシア・メンヘングラードバッハ…勝点45

10 シャルケ04…勝点43

11 アイントラハト・フランクフルト…勝点42

12 バイヤー・レヴァークーゼン…勝点41

13 FCアウグスブルク…勝点38

14 ハンブルガーSV…勝点38

15 FSVマインツ05…勝点37

16 VfLヴォルフスブルク…勝点37

17 FCインゴルシュタット…勝点32

18 SVダルムシュタット…勝点25


RBライプツィヒやホッフェンハイムといったチームが躍進し、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した。

今回はブンデスリーガクラブの公式アカウントのフォロワー数を独自に調査し、ランキングにまとめてみた。
どういったランキングになるのか?
早速発表しよう!




1 バイエルン・ミュンヘン…フォロワー数3648871

2 ドルトムント…フォロワー数2740336

3 シャルケ04…フォロワー数546303

4 ハンブルガーSV…フォロワー数517034

5 FCケルン…フォロワー数460259

6 バイヤー・レヴァークーゼン…フォロワー数383284

7 ヴェルダー・ブレーメン…フォロワー数375305

8 ボルシア・メンヘングラードバッハ…フォロワー数357024

9 アイントラハト・フランクフルト…フォロワー数334356

10 ヘルタBSC…フォロワー数256917

11 VfLヴォルフスブルク…フォロワー数231166

12 SCフライブルク…フォロワー数190882

13 FCアウグスブルク…フォロワー数168097

14 FSVマインツ05…フォロワー数157018

15 ホッフェンハイム…フォロワー数146187

16 RBライプツィヒ…フォロワー数104300

17 SVダルムシュタット…フォロワー数70607

18 FCインゴルシュタット…フォロワー数63134

※6月19日16時現在


1位はやはり王者バイエルンミュンヘン。
名実ともにチャンピオンである。




バイエルンに続くのが本拠地・シグナル・イドゥナ・パークでの平均観客動員数が欧州一のドルトムント。



上位2クラブのフォロワー数は他のクラブと比べても圧倒的であり、世界にファンが多いことが伺える。

その後はシャルケ04、ハンブルガーSVといった歴史のあるクラブが続く。

そして注目のRBライプツィヒとホッフェンハイムだが、それぞれ15位・16位と、シーズンでいうとギリギリ自動降格圏内を逃れた順位に。

両チームともに来シーズンの欧州の舞台で躍進し、全世界にそのクラブの名を轟かせフォロワー数拡大を狙いたいところだ。












自動降格圏内の17位と18位にランクインしたのがSVダルムシュタットとFCインゴルシュタット。
両チームともに2016-17シーズンでも降格が決まっており、残念ながらリーグ戦の結果をそのまま反映した結果に...。

1位バイエルン・ミュンヘンは最下位FCインゴルシュタットの約60倍のフォロワー数を持つということで、さすがはメガクラブといった感想だ。
《北川雄太》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top