リオOP優勝のティエム、8個目のタイトル獲得で自信を深める | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

リオOP優勝のティエム、8個目のタイトル獲得で自信を深める

スポーツ 短信
ドミニク・ティエム対パブロ・カレーニョ・ブスタ(2017年2月26日)
  • ドミニク・ティエム対パブロ・カレーニョ・ブスタ(2017年2月26日)
  • ドミニク・ティエム対パブロ・カレーニョ・ブスタ(2017年2月26日)
  • ドミニク・ティエム対パブロ・カレーニョ・ブスタ(2017年2月26日)
  • ドミニク・ティエム 参考画像(2016年2月19日)
男子テニスのリオ・オープン決勝が2月26日に行われ、第2シードのドミニク・ティエムが第4シードのパブロ・カレーニョ・ブスタを7-5、6-4で下しツアー通算8個目のタイトルを手にした。

8つのタイトルのうち6つをクレーコートで挙げているティエム。今回の優勝でさらに自信を深めている。

「タイトルを手にできたなら、いつでも最高の気分になるものだ。すべての練習はそのためにあるのだし、ここは大きな大会だ。5試合良いゲームをして、特に準決勝からはふたりの非常に良い選手と対戦したのだから、いまはこれ以上嬉しいことはないよ」

リオ・オープンはATP500にランク付けされる大会。優勝で500ポイントを獲得したティエムは、「すごい数だね。これでトップ10に残れるわけで、それがとても重要なことなんだ」とランキングに与える影響についても話した。

「これで調子が戻ると良いけれど、タフな数週間がやってくる。去年の後半はあまり良くなかったし、今年のスタートは少し不安定だった。今週の僕のクレーでのプレーぶりは本当に満足できるものだった。来週はハードコートでの自分のテニスを見出せるように頑張るよ」
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top