ドミニク・ティエム、若手対決を制しメキシコ・オープン優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ドミニク・ティエム、若手対決を制しメキシコ・オープン優勝

スポーツ 短信

ドミニク・ティエム 参考画像(2016年2月19日)
  • ドミニク・ティエム 参考画像(2016年2月19日)
テニスのメキシコ・オープンは、男子シングルス決勝で第4シードのドミニク・ティエムが、第5シードのバーナード・トミックを7-6、4-6、6-3で破り優勝した。22歳のティエムはATP500シリーズ初優勝。

第1セットでは先にブレークを許しトミックに先行されたが、そこからゲーム連取してタイブレークに持ち込んだティエム。その勢いで第1セットを先取する。しかし、第2セットに入るとトミックも立て直し、力強いサーブを軸に第2セットを奪い返す。

勝負の第3セットに入っても同世代のライバル対決は、両者譲らない試合が続いたが、最後はティエムがサービスエースで試合を終わらせた。

何度も主導権が移る激闘を制し、500シリーズ初優勝を決めたティエムには、「ティエム、トミックに勝ったんだ!おめでとう!強くなったね!」「去年から頭角を現し始めたけど、今年に入ってからの勢いはすごい」「500の初タイトルおめでとう!」「何度もティエム負けるんじゃないかと思ったけど、疑ってすみませんでした」「ティエム、キリオス、トミックあたりが台頭してくるとマスターズは面白くなる」「トップ10圏内も見えた!」など今後を期待する声が多い。

これまでティエムはATP250シリーズで4勝しているが、いずれもクレーコートでの勝利。ハードコートでの初タイトルが、500シリーズの初制覇にもなった。

Vielen Dank! Thank you! Muchas gracias! Ich bin überwältigt und überglücklich über meinen Erfolg heute! #Bamos...

Posted by Dominic Thiem on 2016年2月28日
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top