カブスのブライアント、3本塁打&2二塁打の大活躍 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

カブスのブライアント、3本塁打&2二塁打の大活躍

シカゴ・カブスのクリス・ブライアントが6月27日、3番・三塁手で先発したシンシナティ・レッズ戦で5打数5安打、3本塁打、6打点の大爆発を見せた。試合はカブスが11-8で勝利している。

スポーツ 選手
クリス・ブライアント 参考画像(2016年6月27日)
  • クリス・ブライアント 参考画像(2016年6月27日)
  • クリス・ブライアント 参考画像(2016年6月27日)
シカゴ・カブスのクリス・ブライアントが6月27日、3番・三塁手で先発したシンシナティ・レッズ戦で5打数5安打、3本塁打、6打点の大爆発を見せた。試合はカブスが11-8で勝利している。

ブライアントは初回に1死一塁から先制の適時二塁打を放つと、三回にはこの日1本目の勝ち越し本塁打。1点リードで迎えた四回の打席では、走者ふたり置いて3ラン本塁打でリードを広げた。ブライアントは八回にもソロ本塁打で粘るレッズを突き放した。


3本塁打、2二塁打で1試合16塁打としたブライアント。この活躍にファンからは、「これだけ打てて若くて、守備はどこでも守れるとか何だこいつ」「さすがブライアント」「今日のブライアントは勝利に値した」「間違いなくオールスターにふさわしい選手」などの賛辞が贈られている。

開幕から好調で一時は勝率7割を超えていたカブス。しかし、最近7試合は1勝6敗と大きく負け越し、勢いにかげりが見られた。この勝利で再びエンジンに火が入るか。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top