DeNA、打線が爆発し後半戦白星発進…巨人は追い上げ及ばず | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

DeNA、打線が爆発し後半戦白星発進…巨人は追い上げ及ばず

スポーツ 短信

Copyright(C) 2016 STATS Japan Co.,Ltd.
  • Copyright(C) 2016 STATS Japan Co.,Ltd.
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
DeNAは6月24日、横浜スタジアムで巨人と対戦。13安打の猛攻を見せ、12-6で巨人に快勝した。

DeNAは初回、1死二塁の好機を作ると、梶谷隆幸外野手が適時打を放って1点を先制。続く2回裏には満塁の好機で、桑原将志外野手が2点適時打を放ってリードを広げる。さらに3回裏には桑原の満塁弾などで一挙に5点を追加した。投げては、先発の井納翔一投手が6回を投げて2失点と先発の役割を果たし、勝利に貢献した。巨人はエースの菅野が9失点を喫するなどまさかの乱調だった。

これに対して、「菅野がこれだけ打たれたらダメですわ…」「桑原がタイミング合ってたね。菅野、前半戦の最後で失速して、後半戦スタートでこれだとちょっと厳しいな」「DeNAはここから一気に連勝してほしい!桑原もいいし、打線が調子上向きなのがうれしい」「井納ナイスピッチング!早く勝ち越せるように。後半戦のキーマンの一人だ」など、ファンからの声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top