日本ハム・有原航平、完封で6勝目、防御率パ・リーグ2位の1.96…DeNAは打線が振るわず | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

日本ハム・有原航平、完封で6勝目、防御率パ・リーグ2位の1.96…DeNAは打線が振るわず

スポーツ 短信

パリーグ投手防御率トップ10(2016年6月14日終了時点)
  • パリーグ投手防御率トップ10(2016年6月14日終了時点)
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
日本ハムは6月14日、新潟でDeNAと対戦。先発の有原航平投手の完封により、4-0で快勝した。

日本ハムは2回表、2死二塁の好機を作ると、谷口雅也外野手の適時打により1点を先制。続く3回表には、満塁の場面で田中賢介内野手が適時打を放って1点を追加。さらにレアード内野手に犠飛が飛び出して3-0とリードを広げた。投げては、開幕から好調を維持している有原が、9回9奪三振の力投を見せ、勝利に貢献した。DeNAは、モスコーソ投手が5回まで10奪三振を奪う快投を見せたが、打線が援護できなかった。

これに対して、「有原ナイスピッチング!ここのところ足踏みしていたけど、これでまた勝ち続けそうだ!」「完封とはすばらしい!今日の有原なら4点あれば十分だったね!」「モスコーソは良かった。でも、打線がこれじゃダメだ。筒香に期待していたけど、今日はダメだったね」など、有原の完封勝利を称賛する声が相次いでいた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top