サッカーウェールズ代表のベイルが氷付け?最新技術でケガを予防 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

サッカーウェールズ代表のベイルが氷付け?最新技術でケガを予防

スポーツ 選手

ガレス・ベイル(レアル・マドリード)のインスタグラムより
  • ガレス・ベイル(レアル・マドリード)のインスタグラムより
  • ガレス・ベイル 参考画像(2016年3月20日)
サッカー欧州選手権で6月20日、ウェールズ代表がロシアに3-0の勝利を収め、グループB首位通過を決めた。初の本大会出場でベスト16入りを果たしたウェールズだが、試合前に同国代表のガレス・ベイルがインスタグラムに投稿した写真が話題になっている。

『-161』というコメントとともに公開された写真で、ベイルは円筒状の物体に身体を沈め、首から上だけを冷気の外に出して微笑んでいる。彼が利用している「PHYSIO RECUP」とは筋肉系の故障リスク低減に効果が注目されている最新の器具だ。

-161

Gareth Baleさん(@garethbale11)が投稿した写真 -


この姿にファンからは、「これって凍えたりしないの?」「この装置はいったいなんだ?」「なんてクールな姿」「この写真は何かの冗談か」など見慣れない装置に驚くコメントが多数寄せられている。

全身凍結法により身体をリフレッシュさせたベイルは、ロシア戦でも後半22分にゴールを決めチームの勝利に貢献した。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top