アイスランドのEURO躍進…代表選手が振り返る「素晴らしい気分だった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アイスランドのEURO躍進…代表選手が振り返る「素晴らしい気分だった」

スポーツ 選手
サッカーアイスランド代表、EURO8強入りをサポーターと喜ぶ(2016年6月27日)
  • サッカーアイスランド代表、EURO8強入りをサポーターと喜ぶ(2016年6月27日)
  • アイスランドが欧州選手権(EURO)で初勝利、決勝トーナメント行きを決めた(2016年6月22日)
  • アイスランドが欧州選手権(EURO)で初勝利、決勝トーナメント行きを決めた(2016年6月22日)
2016年に行われたサッカー欧州選手権(EURO2016)で、世界中を驚かせたのがアイスランド代表の躍進だ。本大会発出場を果たしたアイスランドは、ラウンド16でイングランドを破りベスト8進出を果たした。

同国代表MFギルフィ・シグルズソンは大会当時を振り返り、「素晴らしい気分だった。母国と代表チームにとっての成果だよ。あの時点ではアイスランドのような国が、ベスト16でイングランドを倒すなんてどれほど大きなことか僕らは理解していなかった。おそらく僕の人生における最高の5、6週間だった」と語る。

試合開始4分でイングランドに先制を許したアイスランド。しかし、直後にラグナル・シグルズソンのゴールで同点に追いつき、前半18分にコルベイン・シグソールソンが勝ち越しゴールを決めて2-1で勝利した。

大会を楽しみ、できる限りのプレーをしようとしていた自分たちと違い、イングランドは計り知れないプレッシャーがあったと話すギルフィ。

「僕らとイングランドは正反対だった。僕らは何の重圧もなく大会に臨んでいて、何が起ころうとボーナスだった。イングランドはメディアから大きなプレッシャーを受けていた。理解できることではある。プレミアリーグのクラブなどでプレーしているとき、彼らはとてもいいプレーヤーだからね」
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top