EURO初出場のアイスランド、ポルトガルから貴重な勝ち点1 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

EURO初出場のアイスランド、ポルトガルから貴重な勝ち点1

スポーツ 短信

欧州選手権、ポルトガル対アイスランド(2016年6月14日)
  • 欧州選手権、ポルトガル対アイスランド(2016年6月14日)
  • 欧州選手権、アイスランドがポルトガルと引き分ける(2016年6月14日)
6月14日に行われたサッカーの欧州選手権(EURO)グループステージ第1節で、アイスランドがポルトガルに1-1で引き分ける大健闘があった。人口およそ32万人の小さな国が本大会初出場で勝ち点1を獲得している。

この試合でルイス・フィーゴ氏の記録に並ぶ、代表127試合出場の最多タイ記録を作ったクリスティアーノ・ロナウドに導かれ、ポルトガルが前半からアイスランド陣営に襲いかかる。前半30分にはナニのゴールで先制にも成功した。

強豪国に1点ビハインドで前半を折り返したアイスランド。それでも勇敢さを失わなかった彼らに祝福が訪れたのは後半5分、ヨハン・グドムンドソンのクロスからビルキル・ビャルナソンがボレーで同点ゴールを叩き込む。

その後も試合はポルトガルペースで進んだがスコアは動かず、アイスランドが勝ちにも等しい引き分けでEURO初戦を終えた。

この試合にサッカーファンからは、「ポルトガルって大きな大会ではいつもこんなイメージ。チームとしてのまとまりに欠けるというか」「人口32万人を調べたら埼玉の越谷が同じくらいだった」「ポルトガル相手にも堅守速攻が通用していた」「ポルトガルとアイスランドは殴り合いの試合で楽しかった!」「ポルトガルの前線はかなり厄介な攻撃を仕掛けてたのに、まったく動じなかったアイスランドの守りが勝った」などの声を寄せている。

アイスランドのヘイミル・ハルグリムソン共同監督は試合後、「良い気分だ。ポルトガルの強さは分かっていたからね。彼らは大会屈指の好チームだが、我々の守備はファンタスティックだった」と喜びのコメントを残した。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top