スカパー!が2017年の取組みを発表…Jリーグについては「リーグ戦の中継がなくなっただけ」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

スカパー!が2017年の取組みを発表…Jリーグについては「リーグ戦の中継がなくなっただけ」

イベント スポーツ

スカパー!が2017年の取組みを発表「スカパー!メディアラウンドテーブル」(2017年2月3日)
  • スカパー!が2017年の取組みを発表「スカパー!メディアラウンドテーブル」(2017年2月3日)
  • スカパー!が2017年の取組みを発表「スカパー!メディアラウンドテーブル」(2017年2月3日)
  • スカパー!が2017年の取組みを発表「スカパー!メディアラウンドテーブル」(2017年2月3日)
  • スカパー!が2017年の取組みを発表「スカパー!メディアラウンドテーブル」(2017年2月3日)
  • スカパー!が2017年の取組みを発表「スカパー!メディアラウンドテーブル」(2017年2月3日)
  • スカパー!が2017年の取組みを発表「スカパー!メディアラウンドテーブル」(2017年2月3日)
スカパーJSATは2月3日、都内で「スカパー!メディアラウンドテーブル」を行い、日本のサッカーファンに向けて今後放送する編成ラインナップなどを発表した。

スカパー!は、“日本で放送・配信されるすべてのサッカーに関するホームとなるチャンネル”をコンセプトとする専門チャンネルを2月4日に新生開局。これまではプレミアムサービス(CH.586)で展開していた『スカサカ!』がスカパー!サービス(CS800)にも登場。BSデジタル放送を利用している多くの視聴者へお届けする。

4日の夜8時からは、新生開局を記念した特別番組『スカサカ!新生開局記念特番 スカサカだよ!全員集合!~日本サッカーの未来 激論トークSP~』を3時間生放送。同番組を皮切りとし、翌5日の深夜まで32時間無料放送を行う。

また、スカパー!サッカー解説者を代表して水沼貴史さん、同レポーターを代表として日々野真理さんも登壇。

開局の特番にも出演するという水沼さんは、スカパー!の魅力について「サッカーはいろいろな見方ができるので。一流のプレーを見るのもそうだし…。とにかく育成(若い世代)にスカパー!は力をいれていて、U19、U16の世代、一番印象的なのはU12のバルセロナの試合ですね。そこで、バルセロナというチームのフィロソフィーがトップから少年まで行き届いていることを紹介した。そういうところがスカパー!の良さでたくさんの世代の人が楽しめる」と語った。

スカパー!の魅力を語る水沼貴史さん

Jリーグの中継はラインアップからなくなったが、天皇杯やYBCルヴァンカップなどの中継のほか、UEFAチャンピオンズリーグやW杯欧州最終予選などの海外中継を行う。

スカパーJSAT執行役員専務兼有料多チャンネル事業部門長の小牧次郎氏は、Jリーグに関しては「リーグ戦の中継がなくなっただけ」と強調した。

また、お得になって新登場した商品「スカパー!サッカーセット(月額2,980円/税込み、2/1より販売受付中)」についても説明。

小牧氏は「Jリーグから次々に選手がヨーロッパに、あるいは他の国に行き、世界でサッカーをしています。そう考えると、商品が国内と欧州とで2つに別れているのは変だと(これまでは国内と欧州の中継を合わせて5980円)。そういう意味で、今回1つのサッカーセットとして「スカパー!サッカーセットを作りました」とし、「その中心が『スカサカ!』になる」と語った。

続けて「ワールドカップやコパ・アメリカなどの時は、独自のチャンネルを作って期間限定でやっていたけれども、これからはサッカーのためだけの365日というチャンネル。国内サッカーについては今まで以上に力を入れていく」と力説した。

(新生開局記念 注目番組)
■2月4日(土)午後8時~(3時間生放送)
『スカサカ!新生開局記念特番 スカサカだよ!全員集合!~日本サッカーの未来 激論トークSP~』

■2月4日(土)午後11時~
『欧州最高峰に挑む日本人~香川・岡崎・清武それぞれのUCL~』
(スカパー!オリジナル特別番組)

■2月5日(日)午前10時~
『【エル・ゴラッソ記者が選ぶ】2016ガンバ大阪ピックアップマッチ』ACLプレーオフ応援編成

■2月5日(日)午後8時20分~
『16/17 セリエA ミラン×サンプドリア』生中継

『スカサカ!』についての詳細は電子番組表または下記のスカサカ!公式サイトを参照

《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?

編集部おすすめの記事

page top