楽天・則本昂大、粘投で8回1失点…交流戦で強さを発揮 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

楽天・則本昂大、粘投で8回1失点…交流戦で強さを発揮

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
楽天は6月14日に東京ドームで巨人と対戦し、4-1で勝利した。先発の則本昂大は8回を投げて、7安打1失点、7奪三振、1四球で今季7勝目を挙げている。

交流戦では通算16試合に登板して10勝3敗、5完封の則本。セ・リーグの打線相手に抜群の強さを発揮するが、この試合は立ち上がりから苦しむ。初回に2本の安打を許すと、二回にも四球と安打で得点圏に走者を背負った。

それでも無失点で切り抜けてきたが四回、阿部慎之助に初球のカーブを右翼席ポール際へ運ばれ先制のソロ弾を浴びる。粘りの投球を続けるエースに楽天打線が応えたのは六回、2死走者なしから内田靖人、牧田明久の連続適時打で逆転に成功する。楽天は八回にも適時打で犠飛で2点を追加した。

則本は尻上がりに調子を上げていき、巨人に追加点を与えない。最後は九回を松井裕樹が締めて楽天がカードの頭を取った。

エースの粘投で3連勝を決めた楽天にファンからは、「ノリさんナイスピーでした!」「さすがエース!」「7勝目おめでとう!頼もしい。チーム3連勝もうれしい」「ナイスピッチング!セ・リーグキラーだね」「序盤は三振取れないな、今日は調子悪いのかなと思ってましたが、後半はキレッキレでした」と喜びのコメントが寄せられている。

ヒーローインタビューに呼ばれた則本は、「前半はうまく投球できなくて苦しい展開でしたが、粘り強く投げられたのが勝利につながったと思います。マウンドの感触だったりを投げながら修正して、そのあとは点を取ってくれたので気持ちをもう一度切り替えてやることができました」と自身の投球を振り返った。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top