楽天・美馬学、5回2/3を1失点…ヤクルトはあと一歩とどかず | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

楽天・美馬学、5回2/3を1失点…ヤクルトはあと一歩とどかず

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
楽天は6月9日、Koboスタ宮城でヤクルトと対戦。先発の美馬学投手が5回2/3を1失点に抑える好投を見せ、3-2で勝利した。

楽天は0-1と1点ビハインドで迎えた5回裏、走者二、三塁の好機を作ると、足立祐一捕手が適時打を放って同点とすると、続く好機にオコエ瑠偉外野手が犠飛を放って勝ち越しに成功。投げては、美馬がヤクルト打線を1点に封じた。ヤクルトは、9回表に西田明央捕手の適時打で1点を返すも、反撃はここまでだった。

これに対して、「ヤクルト、どうした…。打ちまくっても打たれまくるから勝てない。今日みたいにある程度投手が頑張っても、打てなくて勝てない…」「美馬は安心して見ていられた!次の登板も頼む!」「オコエは1試合に1つ仕事をしてくれているイメージ。なかなかいいんじゃないの。塁に出たらどんどん走ってほしいね」など、ファンからはさまざまな声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top