広島・黒田博樹、8回無失点の好投…楽天はあと1本が出ず | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

広島・黒田博樹、8回無失点の好投…楽天はあと1本が出ず

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
広島は6月10日、Koboスタ宮城で楽天と対戦。先発の黒田博樹が8回無失点の好投を見せ、6-0で快勝した。

広島は初回、菊池涼介内野手が2点本塁打を放って幸先よく先制。続く2回には、田中広輔内野手にも2点本塁打が飛び出してリードを広げると、3回にも1点を追加。投げては、黒田が8回を投げて7奪三振無失点と楽天打線を封じ込めた。楽天は9安打を放ちながらも、好機であと1本だ出なかった。

これに対して、「今日は黒田の日!黒田がナイスピッチングだった!」「さすがに貫禄のある投球内容だった。黒田の落ち着きはすごい」「今日は安心して見ていられた。こういう試合が一番いいね」「塩見は簡単に打たれすぎ。先発ローテーションが心配だ」など、ファンからの声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top