勝てば優勝に王手、バイエルンが敵地でヘルタ戦 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

勝てば優勝に王手、バイエルンが敵地でヘルタ戦

スポーツ 短信

ジョゼップ・グアルディオラ監督 参考画像
  • ジョゼップ・グアルディオラ監督 参考画像
ドイツ・ブンデスリーガ31節、首位のバイエルン・ミュンヘンは日本代表FW原口元気のヘルタ・ベルリンとアウェイで対戦する。勝利すればブンデスリーガ制覇に王手がかかる試合を前に、ジョゼップ・グアルディオラ監督が会見に臨んだ。

2位のボルシア・ドルトムントに勝ち点7差でリーグを独走してきたバイエルン。今節、次節を連勝すればドルトムントの結果に関わらず優勝が決まる。ヘルタとの試合を前にグアルディオラ監督は、「勝てばほぼ決まり」とコメントした。クラブ公式サイトが伝えている。

「タイトル獲得のためには一歩、一歩戦っていかなければならない。ヘルタは来季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)で戦うチャンスがあり、我々にとって厳しい試合になる」

チームには不安な点もある。負傷者の多さだ。4月中の復帰を目指していたジェローム・ボアテングは、トレーニングに参加したもののメンバーから外れた。アリエン・ロッベンに関してもグアルディオラ監督は「不可能」と話している。

CL、DFBポカールと合わせ3冠獲得の可能性を残すバイエルン。目前に迫った優勝へファンからは、「明日の試合で決められなくても問題ない。来週優勝しよう」「どちらにしろ時間の問題」「できればホームで優勝を」「ゲッツェを起用すれば俺たちはチャンピオンになれる」などの反応が寄せられている。


《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top